スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛犬のためにグリーンカーテン

2011.05.16.19:06

今年も暑い夏になる予報だとか。

我が家の愛犬は10才を越え、最近ちょっと不調気味。

昨年から頼んでいた、犬舎の上をスッポリ覆う日陰を作ってもらう計画を実行することになりました。
この時期の竹は余り良くないけれど、孟宗竹を使い大がかりなグリーンカーテンの棚の骨格が出来上がりました。

まだネットを貼る為の細かい骨組み作業が残ってますが、散歩の催促をはじめた愛犬、続きはまた~~。

ゴーヤときゅうりの2種類を植えるとか?

どうやって収穫するのかしら?

ワンコはこの夏涼しいかしらねぇ(*^^)v

藤棚の剪定と苺

2011.05.08.15:44

苺がたわわに実ってます。

藤棚の下なので、葉が多く生い茂ってきて日陰になって真っ赤になるまでに時間がかなりかかるようになってきました。
白い藤花も見せてもらったので、息子(庭師)にバッサリ剪定してもらい、スッキリ!!

洗濯物を取り込んでいると、朝はもうちょっとかなと思ってた苺が、サンサン降り注ぐ太陽に真っ赤になってくれましたよ。
大粒と普通のと2種類7個も収穫♪

今日は母の日だとか?

この苺は母が一手に引き受けましょうね。
孫ちゃま建は明日も沢山とれるから、ナイショね。

う~~ん、あんまい♪

シ~~ッ(*^^)v 

山笑う季節です♪

2011.05.07.19:38

薄緑から濃い緑に変わり、クリーム色の樫の木の花がアチコチで咲きはじめました。
山がモコモコとなり、強いニオイの花でいっぱいになってます。

タケノコを茹でる時のニオイにも似て、あまり気分良くはありません。
窓を開けて眠るとクサイのです。

そして、田圃も田植えが終わり、空気中に水蒸気が充満し呼吸がしづらくなってくるのは嫌なんですが、2週間ほども我慢すれば落ち着いてきます。

孫たちのお昼寝に、今年最初のドライモード運転をはじめました。
ニオイに敏感な孫君ですからね。

28度設定なので寒くは無いけれど、今年もこんな感じで梅雨入り前スタートです(*^^)v

シンボルツリー

2011.05.01.15:03

昨夜来の雨で、たくさんの水分が供給できたのでしょう。
シンボルツリーの「やまぼうし」が純白のガクを開きました。

緑の葉の上に白い花びらのようなガクが開くのですが、ひとつだけ不満があります。
素敵な風景は、二階のベランダからしか見えません。
毎年この時期に思うことなのです(笑)

雨で小手毬や白藤が、白い花を庭一面に散らしているのも綺麗。
苺の実も赤くなって美味しそうです。
孫たちは先を争って食べてます。


この家に来て10年が過ぎました。
6月13日は、入居日なのです。

そして発症。
でも、今このように元気になりました。
木々や草花、季節のうつろいを楽しめる余裕も出来てきました。

孫たちも大きくなりました。
小学2年生、保育所の5歳児、3歳児、毎日元気に走り回って、私はもうついていけません。

夫も今年70歳を迎えます。
高齢者ドライバーの仲間入り。
講習や適正テストなどがあり、なかなか本人は受け入れがたいようですがね。
他人の老化は良く見えるようですが、自分はまだまだ・・・なんてね(笑)

私は発症(53歳)以来、意識障害や記憶障害等々、様々な不調に悩まされ続けてきたので、今更老化したからこうなったなんて思わないのですが、周囲の人は年を取ったらそうなるのだからと片づけてくれます。
これについても、説明するのも疲れるので、解らない人には言わないようにしますがね(笑)

雨もあがりました。
さぁ~、この連休で治療日が変更になったので、今夜桜邸に出発し火曜日に帰ってくる予定。

そして、長い連休で疲れ気味のお嫁さまのサポートをしながら、過ごすことにしましょう。

シンボルツリー

2010.04.27.18:40

強風雨も上がり、庭に出るとシンボルツリーのやまぼうしがイキイキしているんです。

そして、葉っぱの上にガクが急に伸びて白く見えてきたのですよ!!

この立ち姿が好きで庭に植えてもらったのですが、なかなか庭に馴染んでくれなくて、やっと本来のやまぼうしに近づいてきたようです。

大好きな木ですが、ちょっと不満もあります。

この木を見ようとすると、2階のベランダがベストボジションだったって事なんです。

大きな木だから当然なんですがね(*^^)v

さぁ~、また今から桜邸に向けて出発します。
今回は1日だけの治療になりますが・・・

29日の祭日が、嫁様の小物雑貨店kotokotoがイベント会場に出展の為、姫孫ちゃんのお守りさんが誰もいないとのこと、とんぼ返りでちょっとキツいけれど、助け合いなので(*^^)v

いってきます♪

心のスイッチ

2010.02.14.11:40

久しぶりにPCを開けてみたら、ふっと目にとまった言葉があったので転載させてもらいました。
ナオルヨblog
……………☆
「心のスイッチ」 教育者 東井義雄さんの詩

人間の目は ふしぎな 目
見ようという心がなかったら 
見ていても 見えない

人間の耳は ふしぎな 耳
聞こうという心がなかったら
聞いていても 聞こえない

頭も そうだ
はじめから よい頭 わるい頭の区別があるのではないようだ
「よしやるぞ!」と
心のスイッチがはいると
頭も すばらしい はたらきを しはじめる

心のスイッチが 人間を
つまらなくもし すばらしくもしていく
電灯のスイッチが
家の中を明るくもし 暗くもするように



 「健体康心」 

 ドイツの哲学者カントは、馬の蹄鉄屋の子に生まれた。
生まれつきの「くる病」であった。背中に瘤があり、乳と乳の間はわずか2インチ半、脈拍は絶えず百二十~百三十、喘息で、いつも苦しげに喘いでいた。

 ある時、町に巡回医師がやってきた。少しでも苦しみを和らげられたら、と父はカントを連れて診せに行った。診てもらってもどうにもならないことは、カント自身も分かっていた。
 そんなカントの顔を見ながら、医師は言った。その言葉がカントを大哲学者にするきっかけとなったのである。

「気の毒だな、あなたは。しかし、気の毒だと思うのは、体を見ただけのことだよ。
考えてごらん。体はなるほど気の毒だ。それは見れば分かる。
だがあなたは、心はどうでもないだろう。
心までもせむしで息が苦しいなら別だが、あなたの心はどうでもないだろう。

 苦しい辛いと言ったところで、この苦しい辛いが治るものじゃない。
あなたが苦しい辛いと言えば、おっかさんだっておとっつぁんだって、やはり苦しい、辛いわね。
言っても言わなくても、何にもならない。
言えば言うほど、みんなが余計苦しくなるだろ。

 苦しい辛いと言うその口で、心の丈夫なことを喜びと感謝に考えればいい。
体はともかく、丈夫な心のお陰で、あなたは死なずに生きているじゃないか。
死なずに生きているのは丈夫な心のお陰なんだから、それを喜びと感謝に変えていったらどうだね。
そうしてごらん。私の言ったことが分かったろ。
それが分からなければ、あなたは不幸だ。

 これだけがあなたを診察した私の、あなたに与える診断の言葉だ。分かったかい。
薬は要りません。お帰り。」

 カントは医師に言われた言葉を考えた。
「心は患っていない、それを喜びと感謝に変えろ、とあの医師は言ったが、俺はいままで、喜んだことも感謝したことも一遍もない。
 それを言えというんだから、言ってみよう。そして、心と体とどっちが本当の自分なのかを考えてみよう。
 それが分かっただけでも、世の中のために少しはいいことになりはしないか」
 大哲学者の誕生秘話である。(宇野千代著「天風先生座談」より)

 健康とは、健体(すこやかな体)と康心(やすらかな心)のことである。
体を健やかに保つこと。それは天地から体を与えられた人間の務めである。
 そしてそれ以上に大事なのが、心を康らかに保つことだ。
体が丈夫でも心が康らかでなかったら、健康とはいえない。いや、たとえ体が病弱でも心が康らかなら、生命が健やかである。
 これは人間個々から小さな組織、国家まで、あらゆる生命体にいえることであろう。カントの逸話は私たちにそのことを教えている。



***************私感です^o^
 心と身体が病んだとき、誰かのせいにして「外」にネガティブな意識を向ける性格の人と、自分の行動や言動、性格を振り返って「内」にポジティブな意識を向ける性格の人とに大きく分けられると思います。
 お解りの通り、すぐに体調を改善させることができて、それまで以上に健康、かつ、人生に使命感と充実感を溢れさせてダイナミックに生き始める性格の人は、「後者」のタイプでしょう。

 化学物質過敏症、電磁波過敏症、奇病難病と呼ばれる様々な環境疾患。アトピー、アレルギーは、その子どもの虚弱体質として片付けられ、一生、薬漬けの不自由な生活を強いるような現代。

「病気」は心と身体の悲鳴、特に自分に嘘をついてはいけないという心の声だと思います。
見ようとしなければ見えない、聞こうとしなければ聞こえない。まさに、その体調不良が「何からのメッセージ」なのか、正面から受け止めようとするか?しないか?が運命の別れ道。
同じように、日常生活がままならないほど心と身体が壊れたこと、気づいたことに、喜び、感謝できるか?できないか?が運命の別れ道、だと私は心から感じます。(いけや)

以上転載終了
………………☆

私も、この病気になり自分なりの努力と家族や周囲の皆様のご協力をお願いし続け、今はやっと安定した時期になりました。
これからも維持継続も必要です。

周囲の方々のアドバイスも、見ようとしなければ見えず、聞こうとしなければ聞こえません。
考えることも同じでした。

「心のスイッチ」は明るくも暗くも出来る、明暗は自分がどう入れるか、ON・OFFも!!
私も、良いスイッチをONしましょうか(*^^)v

穀雨

2009.04.21.09:44

昨日は穀雨。
しかし・・・せっかくの真っ白い藤の花を散らす強風~~~。
シトシトとは降りませんでした。

今朝は周辺の景色が見えないくらい濃霧で、一日遅れの穀雨となり、庭の苺も水滴をまとい雨後の太陽で真っ赤に色づくことでしょう。
孫達の笑顔が目に浮かびます。

私が寝込んでいるうちに、シンボルツリーのヤマボウシも緑の葉に包まれて元気そうです。
息子に入れて貰ったEM肥料が良い効果をだしているのでしょう。
一気に初夏に模様替えを済ませてしまってました。

私は、オフホワイトのガクを葉の上に開く、控えめだけどちょっとお洒落なこの木が大好きなのです。
入居後に植えて貰ったシンボルツリー。
発症以来、ずっと見守ってくれていたけれど、あまり元気が無くて何だか寂しかった。

今年になってやっと豊かな緑に包まれたのは、私の治療開始と合わさって、偶然なのかしら(^_-)-☆

毎年春先の芽吹きは、何故か体調不良の時期となっていたのですね。
ここにも、問題点があったのでしょう。

ひとつひとつ、クリアしていけば、乱調気味のこの時期が楽しい春に変わるのでしょうか?

ちょっと楽しみが増えました。


わたしの指標

2009.01.08.15:51

「指標」
<物事を判断したり評価したりするための目じるしとなるもの。>

歩みを確実なものにするために、目標ではなく「指標」にしてみました。
今まで、取りあえず毎日を送っていた私ですが、回復するための治療を開始し、色々気づかされる事ばかりです。

60才を越え今更という声も聞こえてきそうですが、只年を取るのはちょっと恥ずかしいと思えるこの頃。

人生の完熟期に向かって、何をかいわんやです。

***********************


○○であってもいいし、なくてもいい。どっちでもいい、

というニュートラルな状態こそ自分にも、周りにも一番いい状況を作り出すことが出来るとある人が言います。

  ・
  ・
  
「頑張ってもいい、頑張らなくてもいい。でも諦めない」
  ・
  ・
************************
  
そういう考え方があるのか。

出来る限り、自分をその場所に置けるようにしてみよう。

そう心に念じてみました(*^^)v

凛として・・・

2008.02.01.10:49

毎日、新聞やTVニュースで目にする出来事は、心を暗くしストレス度UPさせる。

繰り返し繰り返し・・・

寒さで凍える身体が、更なる暗いニュースで凍てつく。

嫌な事ばかり・・・と、くさってもどうしようもない。

今の自分の課題は、「自分の事は自分で」なのです。

そして、前向きに歩いている延長線上に、役立つことがあればお手伝いを・・・

more...

種蒔き

2007.10.12.20:30

一坪農園に、ひとうね種蒔きを・・・

大好きな「小松菜」♪

少し時期をずらし、2度・3度と11月まで蒔くの。

年内いっぱい収穫。

葉物が少なくて、緑の濃い野菜がず~と食べられる、もの凄~く楽しい野菜作り♪

ブロッコリーも定植しなくっちゃ。

今年はどれだけかな~?

やっと涼しくなったので、虫たちも大人しくなったかな?
プロフィール

ままさん

  • Author:ままさん
  • 発症は2000年。きっかけはシックハウス?中枢神経障害に悩まされつつ、欲張らないよう言い聞かせての日記です。
    高知県南国市在住・60代・女性

    ゆるゆると、回復への道を歩いています。
最近のコメント
最近の記事
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリー
バロメーター
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
『スーモ』オリジナルブログパーツ
不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。