スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK  おはよう日本  特集まるごと <柔軟剤>

2013.09.20.19:34

NHK
2013年9月20日(金) NEW
香り付きの柔軟剤 過度な使用に注意

おはよう日本   特集まるごと

※一部抜粋 
   ↓
柔軟剤による被害を訴える患者を多く診てきた医師は、この女性のように、深刻な症状も珍しくないといいます。

☆そよ風クリニック 宮田幹夫院長
「筋肉痛、関節痛など、いろんな症状が出ています。
日常生活でも、職場でも(周囲の)皆さんと、つきあいが無くなる人が結構出ています。」
   ↓
専門家の話をお聞きください。」

☆東海大学医学部 坂部貢教授
「においの成分を化学物質だと仮定した場合、お酒に対して非常に強い人と、ちょっと飲むと、真っ赤になる人がいるのと同じで、化学物質に対する人間の感受性は、ものすごく個人差がある。
化学物質・化合物に対して、アレルギーに似た反応を起こす方がいる。」
   ↓

「今回、国民生活センターは、柔軟剤の利用者だけでなく、製造メーカーにも要請を行いました。
商品を購入した人が適正量を超えて使用しないよう、商品のパッケージに表示をするとともに、利用者に対する啓発活動も行うように求めています。

業界団体の調査によりますと、柔軟剤の利用者の4人に1人までが、定められた量の2倍以上を使っているという結果も出ています。

周りの人によかれと思ってつけた衣服の香りで、周りの人を不快にさせたりですとか、さらには、深刻な症状を引き起こさせたりすることもあるわけですから、節度ある利用を心がけたいと感じました。」

・・・・・終了

■動画ニュース・・・柔軟剤関連(日本テレビ・NHK)

2013.09.20.13:25

柔軟剤がニュースでとりあげられました

ニュースの動画があります

☆ 柔軟剤のにおい、相談件数倍増 体調不良も
日本テレビ系(NNN) 9月19日(木)
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20130919-00000043-nnn-soci


☆洗濯柔軟剤の過度な使用に注意
NHKニュース 9月19日(木)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130919/k10014663231000.html
・・・・・★★

問合せメール、再放送希望のメールを、NHKさん宛てに送ってみませんか…?

■国民生活センター・・・柔軟仕上げ剤のにおいに関する情報提供

2013.09.20.12:14

平成25 年9 月19 日
報道発表資料
独立行政法人国民生活センター


国民生活センター.報道発表資料

柔軟仕上げ剤のにおいに関する情報提供がありました。
長文ですので、一部抜粋して転載します。

・・・・・★★

2.危害に関する主な相談事例

※相談事例は、疾病名も含め相談者の申し出に基づくものです。括弧内の属性は相談者の属性で、いずれも被害者(身体にけがや病気等の疾病(危害)を受けた者)と相談者が同じ人である事例です。

(1)本人が使用した柔軟仕上げ剤に関するもの

【事例1】
柔軟仕上げ剤を使用したところ、においで気持ち悪く、体調不良になる。
贈答品であるためもったいないと使い始めた。
洗濯時の柔軟仕上げ剤のにおいで気持ちが悪く、体調不良になる。
家族ともに同じ症状が出る。
この商品は大丈夫なのか。
                              (2013 年8 月受付、40 歳代、女性)

【事例2】
柔軟仕上げ剤を使用したところ、せきが止まらなくなり、医師に複数の薬を処方された柔軟仕上げ剤を使用し、室内干ししたところ、においがきつく、妻と2 人ともせきが出るようになった。
柔軟仕上げ剤を使用したタオルで顔を拭くとせきが止まらなくなった。
メーカーに連絡すると、柔軟仕上げ剤を持参して医師の診察を受けるように言われたのでそのとおりにした。
2 人共アレルギーの反応が低かったため、原因不明とのことで、複数の薬を処方してもらった。
                            (2011 年10 月受付、30 歳代、男性)

(2)他人が使用した柔軟仕上げ剤に関するもの

【事例3】
近隣からの柔軟仕上げ剤と思われるにおいで悩まされている最近、マンションのベランダ側から入ってくる近隣からの柔軟仕上げ剤と思われるにおいで、鼻や喉が痛くなり悩まされている。
ベランダの窓を閉めていても換気口からにおいがする。
                             (2012 年10 月受付、40 歳代、女性)

【事例4】
隣人の洗濯物のにおいがきつ過ぎて頭痛や吐き気がある
隣人の洗濯物のにおいがきつ過ぎて頭痛や吐き気があり、窓を開けられなく換気扇も回せない。
柔軟仕上げ剤のにおいではないかと思う。
医師の診察は受けていないが、家族3 人全員同じような症状で今まで特定の物質にアレルギーがあると言われたことはない。
                            (2013 年6 月受付、40 歳代、女性)

【事例5】
飲食店の店員からの柔軟仕上げ剤のにおいで、食べたい気持ちがなくなってしまう
皆が柔軟仕上げ剤を使い過ぎてそのにおいに過敏に反応して気持ちが悪くなる。
特に、飲食店で柔軟仕上げ剤のにおいがする店員に運んで来られると食べたい気持ちがなくなってしまう。
                             (2012 年6 月受付、50 歳代、女性)

【事例6】
頭痛や気分が悪くなる。化学物質過敏症に苦しむ人がいることを知ってほしい
最近、香りが長く継続するような柔軟仕上げ剤が販売され使用している人が多く、近隣の洗濯物や電車内等で、香り付きの柔軟仕上げ剤の香料によって頭痛や気分が悪くなることがある。
化学物質過敏症に苦しむ人がいることを知ってほしい。
                             (2012 年8 月受付、40 歳代、女性)
 ↓
 続く
 ↓
6.消費者へのアドバイス

(1)自分がにおいに敏感な場合は、商品を選択する際に、商品の表示等に記載された芳香の強さ等を参考にしましょう
柔軟仕上げ剤に関する相談の中には、使用して体調不良になったという相談もあります。

自分がにおいに敏感な場合は、商品を選択する際に、商品の表示や製造者のホームページに商品の芳香の強さや芳香の種類を記載しているものもあるので参考にしましょう。

(2)自分にとっては快適なにおいでも、他人は不快に感じることもあるということを認識しておきましょう。
隣家などの他人が使用した柔軟仕上げ剤のにおいに関する相談が多く寄せられています。

においの種類や強さの感じ方には個人差があり、自分が慣れたにおいは、感じにくくなり、使用量が徐々に増えることもあります。
自分にとっては快適なにおいでも、他人は不快に感じることもあるということを認識しておきましょう。

7.業界・輸入事業者への要望
においが与える周囲への影響について配慮を促す取り組みを行うよう要望します。

柔軟仕上げ剤のにおいについての相談が増えており、中には体調不良を申し出るような事例もみられることから、においが与える周囲への影響について配慮を促すような取り組み(商品の注意表示や啓発活動など)を行うよう要望します。
                                
・・・・・★★
空気は共有されています。
空気のバリアフリーを切望します。


★自分にとっては快適なにおいでも、他人は不快に感じることもあるということを認識しておきましょう。

★においが与える周囲への影響について配慮を促す取り組みを行うよう要望します。

・・・と書かれています。

yahooニュース・・・「ぶどうジュースを飲んだあと意識障害に…」

2013.09.19.13:05

恐れていたことが、現実となってしまいました!!

「ぶどうジュースを飲んだあと意識障害に…」

・・・・・・★★

「ぶどうジュースを飲んだあと意識障害に…」の怖い理由
女性自身 9月13日(金)0時0分配信

「ウーロン茶とぶどうジュースと梨を摂取したという22歳の女性は、来院した時点で呼吸困難と全身の筋肉の引きつりを起こし、歩行不能にまでなっていました。女性の尿からはネオニコチノイド系(以下、ネオニコ系)農薬の代謝産物が検出されましたが、茶と果物の摂取を禁止したところ、数日で改善したのです」

 そう語るのは、この10年ほどで出荷量が2倍に増えたネオニコ系農薬研究の第一人者、平久美子先生(東京女子医科大学東医療センター麻酔科)。
農薬の過剰使用が人体に与える影響について、警鐘を鳴らしている。

「現在、農薬のなかで主流になりつつあるのがネオニコ系です。
果物から野菜まであらゆる農産物に使われますが、人間の神経細胞を攻撃して、主に脳と自律神経を狂わす大変な毒物。中毒を起こす患者も出ています」

 ネオニコチノイド中毒は、頭痛や抑うつ、意識障害など中枢神経症状が多く見られるのが特徴。
ほかにも、筋肉のけいれんや痛み、発熱、手足の冷え、腹痛に咳、また頻脈や極端に脈が遅いといった症状も。
摂取量が多いほど、症状は重篤化していく。

 ところがこのネオニコ系農薬、日本の残留基準値は、欧米に比べて異常に高いのだという。
「日本の基準の甘さは驚くべきもの。
お茶なんてEUの300倍も甘い」と平先生。

体重25キロの子どもが、基準値の極限までネオニコ系農薬を使ったぶどうを1日500グラム食べれば、許容量オーバーだ。

「ごくごくと飲めてしまうジュースはさらに危険。
ある児童には、ぶどうジュースを大量に飲んだあとに意識障害など中枢神経症状があらわれました。
ところが、ぶどうジュースをやめた数日後にはケロッと治ってしまった。
まだ研究段階ですが、最近、発達障害が増加傾向にあるのは、遺伝や生育環境と合わせて農薬の影響もあると疑われています」

 その基準値の甘さの背景には、農薬開発時に臨床医がおらず、動物実験のデータだけで安全性を確認していた現状があるという。
平先生らが人の尿からネオニコチノイドの代謝物を検出するまで、ネオニコ系農薬が人体に与える影響について、誰も調査を行わなかったのだ。

「私たちにできることは、まず大量摂取しやすいお茶や果物は一気に飲み食いしないこと。
茶葉を使うものはできるだけ控えて、麦茶や水に替えるのもいいでしょう。
そして、野菜や果物はできるだけ顔の見える生産者から買うこと。
これがせめてもの対策です」

・・・・・★★

野菜・果物などは、オーガニックでしかも生産者から直接買う以外は慎重に選び購入しています。
それは、直接自分の体に影響が出ることを身をもって知っているからです。

このニュースを読んで、全身に緊張が走りました。
恐れていた状況です。

自分と家族の健康を守れるのは、一人一人の意識です。
しっかり、危機管理をしましょう。

やはり大切なのは、情報と自衛につきるのでしょうね。

「新車の匂い」がしなくなる?

2013.09.04.18:59

あの「新車の匂い」がしなくなる? ウレタン発泡に新技術!
clicccar 9月4日(水)11時46分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130904-00010003-clicccarz-bus_all

新車特有の匂いの元は?
新車を買った時の独特の匂いに萌えるクルマ好きも多いかもしれませんが、逆にこの匂いでクルマ酔いするケースまた多いようです。

日経新聞が9月2日に伝えたところによると、東ソー(株)が自動車のシートや寝具に使われるウレタン樹脂の匂いを抑える新たな触媒を開発した模様。


ウレタン樹脂を発泡成型する際に使用する従来タイプの触媒の場合、揮発性有機化合物「VOC」(Volatile Organic Compounds)が発生、ウレタン内に残留するそうで、これが新車特有の匂いの元になるとか。

「VOC」は内装樹脂材を変色させたり、太陽光の影響でガラス内面を白濁させる原因にもなるようですが、東ソーが開発した新触媒ではウレタン樹脂の分子と結合する為、VOCが発生しないと言います。

同社は山口県周南市に約20億円を投じて専用プラントを整備、2014年11月に生産を開始する予定のようで、 「新車の匂いを嗅ぐと車酔いし易くなる」といった悩みを解消できる点をウリに、3~4年後のフル生産を目指すようです。


「新車臭」を不快に感じるユーザーの悩みを解消する素晴らしい技術で有る反面、逆に新車の匂いがしなくなる事に何やら一抹の寂しさを感じるのは筆者だけでしょうか。

■東ソー(株) 技術情報 (PDF資料)
http://www.tosoh.co.jp/news/pdfs/20130902001.pdf

・・・・・☆☆

シックカーは乗れません。
他車(CS患者さん以外の車)に乗せてもらうことは恐怖です。

これが安全かどうかは未だわかりませんが、もし良かったらCSさんにとって選択肢が増える可能性があるでしょうね。
期待しながら、注視します。

香り付き柔軟剤流行に悲鳴 「過敏症」の人たち

2013.09.04.08:26

遅くなりましたが情報転載します。

・・・・・・☆☆

香り付き柔軟剤流行に悲鳴 「過敏症」の人たち
http://www.chunichi.co.jp/article/living/life/CK2013090202000003.html

中日新聞  
【暮らし】   2013年9月2日

香り付き柔軟剤流行に悲鳴 「過敏症」の人たち

香りがきつくなりすぎる問題がある柔軟剤。洗濯機への投入量を抑える消費者側の対策もある

 香り付きの柔軟剤を使って洗濯して衣類に香りを漂わせることが流行しているが、こうした状況に化学物質過敏症の人たちが「普通に暮らすことができにくくなった」と悲鳴を上げている。近所の家から流れてくる柔軟剤や芳香剤などの香りをかいだだけで体調が急に悪くなったりするのだ。「香料公害」が起きているのか、当事者らの声を聞いて考えてみた。

 長野県に住む四十代の女性は「強い香料のにおいを発している人とすれ違ったりするだけで、めまい、ふらつき、震え、動悸(どうき)が生じます」と訴える。

 症状がひどくなったのは昨年夏。柔軟剤や洗剤、シャンプーなどの家庭用品で香りの強い商品が人気を集めてきたことが影響していると考えている。


 微量の化学物質によって、めまい、頭痛、吐き気、のどの痛みなどのさまざまな症状が出るのが化学物質過敏症。患者数は全国で七十万人とも百万人ともいわれる。一般家庭では、新築の家に使われた建材や農薬が原因になることが多いと考えられてきたが、香料を使った日用品による香料公害も問題視され始めている。


 この女性は、柔軟剤の影響が特に大きいと感じている。近所から強すぎる香りが漂ってくるだけでなく、職場でも他人の衣類から出る柔軟剤の香りに悩まされる。「たばこの受動喫煙と同様の『受動香料吸入』です。こういう問題があることを国民に知ってほしいし、国には対策を立ててほしいです」


 岐阜市に住む小沢祐子さん(68)は「香料自粛を求める会」の代表を務める。三年前の秋、生鮮食品を買いに行った店内で、女性とすれ違ったときに強い芳香臭をかいだ。意識がなくなってその場にうずくまった。顔面が蒼白(そうはく)になり、言語機能の極端な低下、筋肉硬直などの症状が出た。


 その後も同様なことが続き、外出を控えたり、外出の際に防毒マスクを着けたりするなどの対策を講じているが、最近では散歩もしにくくなったと感じている。道を歩いている人の服から出てくる芳香臭が耐えがたいのだという。


 消費者庁や国民生活センターなどが協力して運営している「事故情報データバンクシステム」には消費生活センターなどに寄せられた製品の苦情が蓄積されている。「柔軟剤」というキーワードで出てくる情報は八月末現在で百十六件。


 「隣の家から流れてくる柔軟剤の香りが強すぎて、のどや頭が痛い」「アレルギー反応が起きた」といった深刻な例がずらりと並び、国に対策を求める声も目立つ。


岐阜市が市有施設に張り出している香料自粛のお願いポスター=同市保健所で

◆一部自治体「配慮を」


 香りが強い生活用品を好む消費者は多いが、健康被害の原因になることもある。また、化学物質過敏性の発症メカニズムは未解明。こうした中で行政は何ができるだろうか。


 岐阜市は二〇〇五年から市有施設に「香料自粛のお願い」というポスターを張っている。「健康被害の要因となることがあるので配慮をお願いします」と、市民に柔らかく呼び掛ける内容だ。


 小沢代表の訴えを聞いた市議が市議会で要望し、市が受け入れた。


 公共施設のポスターやホームページに同様の「お願い」を出す自治体は、岐阜県、岡山県、滋賀県野洲市、同県守山市などと増えてきている。ただ、健康被害を感じている側は、実態調査や何らかの規制など、より実効性のある対策を国に求めている。


 厚生労働省化学物質安全対策室の担当者は「うちの省にも健康被害の声は届いており、問題意識は持っている」と説明する。香料公害の対策づくりに政府がいつ取り組み始めるか注目される。

        
転載終了                               (白井康彦)
・・・・・・☆☆
隣家の洗濯洗剤香料臭は、感じなくなりました。
雨が続き窓も開けれずエアコン除湿モードで暮らしてましたので、まだ確認できてませんが、多分大家さんが話してくださったのだと思います。
そうならば、お礼を言わなければなりません。

これで寝込むことがなくなり、台風一過の爽やかな風を満喫できそうで、嬉しいかぎりです♪
皆さまのご協力に感謝しています(*^^*)V

■毎日新聞ニュース・・・<柔軟剤>「高残香」タイプで体調不良を訴える人が増加

2013.08.03.13:43

<柔軟剤>「高残香」タイプで体調不良を訴える人が増加
毎日新聞 - 2013年08月03日 12:03

http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&id=2528441

「香り」をうたった製品が多くを占める柔軟剤売り場。同じブランドで香り違いの製品が並び、数種類の柔軟剤を購入する消費者も少なくないという=2013年8月2日午前11時30分
 
洗濯に使われる柔軟剤の香りで体調不良を訴える人が増えている。

国民生活センターによると、柔軟剤の香りで「鼻やのどが痛くなる」「気分が悪くなる」という相談は、2012年は48件と、09年の5件から急増した。

最近の柔軟剤は香りが長く続く「高残香」タイプの製品が人気を呼んでいるが、関係者は過度の使用に注意を呼びかけている。


 シックハウス症候群や化学物質過敏症の患者を診ている札幌市のクリニックでは、電車やバスの中、隣の家などから来る柔軟剤の香りで体調不良を訴える患者が増えている。

主な症状は、頭痛や吐き気、倦怠(けんたい)感など。
渡辺一彦院長は「数年前まではほとんどなかった」と驚く。


 大手洗剤メーカーの担当者は、高残香タイプの柔軟剤について「昨年度は売り上げが前年度の1.4倍に伸びた」と話す。

このメーカーは年2回の消費者アンケートで、柔軟剤購入の際に重視する点を尋ねているが、05年以降はほぼ一貫して「香りがよい」がトップ。
柔軟剤本来の目的である「肌触りよく仕上がる」などを上回り、11年下期の調査では7割近くに上った。


 洗濯の際にメーカーが想定する使用量を上回る量の柔軟剤を使う消費者も多いという。

別のメーカーの製品には「香りをもっと楽しみたい時は好みに合わせて使用量を増やして」と記載され、ウェブサイトで「使用量の目安の2倍程度を上限とする」とアドバイスを掲載している。


 一方、神奈川県が11年、国内外の柔軟剤15点を洗濯時の濃度に薄めて香りを調べたところ、香りの強さを示す臭気指数は、大半の製品で、県が定める住宅地での工場排水の規制値並みだった。


 厚生労働省のシックハウス問題に関する検討会委員の中井里史・横浜国立大教授(環境疫学)は「化学物質に過敏な人の大半は、たばこ臭と香料に耐えられない」と指摘。


NPO法人「化学物質過敏症支援センター」の広田しのぶ事務局長も「たばこの臭いも、吸う人には快いが、非常につらく感じる人も多い。

柔軟剤の香料も同じだと考えてほしい」と訴えている。【田村佳子、写真も】


 ◇ことば:高残香性柔軟剤


 強い香りが長持ちすることをうたった衣類用柔軟剤。「新鮮な香り ずっと続く」「着ている時まで」「着るとき 香り蘇(よみがえ)る」などの宣伝文句で、仕上がりの柔らかさより香りの強さを強調している。
08~10年に大手3社が相次ぎ発売、柔軟剤全体の売り上げが約1.5倍に伸びた。

香りはアントラニル酸メチル、ジヒドロキシジメチル安息香酸メチルなど多種類の化学物質を組み合わせた人工香料でつけられている。

以上転載終了
・・・・・・・・・・・・☆

高残香性柔軟剤・・・こういう表現がされているのですね。

化学物質過敏症患者は、単に辛いだけでは無く、日々このような状況を受けて生活をせざるを得ないと言うことは、もう苦しみ以外何物でもありません。

空気汚染が進み、そのうえ香料まみれでは呼吸をするのも危険となると、どう工夫しても難しくなってきました。

どこまで汚染が進行するのでしょう。
それも中枢神経にダメージを与えつづけるのです。

思考力・集中力も損なわれてきて、考えることを休んでしまうような気がします。
このままで、よいのでしょうか。。。

■CSニュース・・・化学物質過敏症めぐる訴訟で和解 横浜地裁

2013.08.01.09:10

産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/region/news/130726/kng13072619560006-n1.htm

化学物質過敏症めぐる訴訟で和解 横浜地裁
2013.7.26 19:56

 安全対策が講じられないまま有機溶剤を使って作業し、化学物質過敏症になったとして神奈川県茅ケ崎市の男性(44)が元勤務先の電気設備施工会社(同県綾瀬市)と取引先の半導体関連会社(同県厚木市)に約1700万円の損害賠償を求めた訴訟は26日、横浜地裁(阿部正幸裁判長)で和解が成立した。
両社が合わせて和解金600万円を支払う。

 原告側の代理人によると、会社側は責任はないという主張を貫いていたが、今回の和解で「責任はある程度認められたと言えるのではないか」としている。

以上転載終了

・・・・・・・☆

長い時間をかけて、CS仲間の一人が和解にこぎつけました。

裁判は健康な方でも大変です。
それよりもなお、CS患者は、言葉にできないほどの苦悩があります。
それを乗り越えて、結審まで持ち堪えた患者さんを思うと、胸がいっぱいになります。

今現在も、裁判を継続中のCS仲間がいます。
必ず、良い方向に向かうことを願いながら、出来る支援を呼びかけていきたいと思います。
http://yurunakama.blog90.fc2.com/blog-entry-276.html

女性クールビズ「香り」推奨を撤回

2013.06.09.09:39

朝日新聞ニュース
女性クールビズ「香り」推奨を撤回 環境省、文書も削除
朝日新聞デジタル 6月8日(土)8時1分配信

環境省が提案した「女性のクールビズ」事例
 【編集委員・大村美香】環境省が今夏初めて「女性のクールビズ」を提案し、洗濯の時に使う香り付き柔軟剤や制汗剤を薦めたところ、「香料などの化学物質で体調を崩す人を増やす」と市民団体が撤回を求めた。環境省は配慮の必要を認め、削除作業を進めている。

 「女性のクールビズ」は先月20日に発表。ファッションなどの事例とともに、汗やにおいへの対策として「香り付き柔軟剤」「制汗剤、冷却スプレー、汗ふきシート」を挙げた。

 これに対し、農薬や化学物質の安易な使用に反対する「反農薬東京グループ」など3団体が3日、撤回を求めた。室内や電車、バスで、柔軟剤などのにおいで具合が悪くなる人が出ることや、化学物質過敏症の患者が外出しにくくなることが考えられると指摘した。

朝日新聞社
・・・・・・・★

スーパークールビズに関する要望と質問へのご回答

・・・・・・・★

水際で推奨を撤回し文章削除され、表面的にはこれで落ち着いたかのように見えるものの、安全が担保されたとは思えないのは私だけでしょうか。

環境省のクールビズについて、質問と要望を提出

2013.06.06.10:57

ゆるゆる仲間に届けられたメールを一部転載させてもらいます。

ご協力をいただきました皆さま
関心をお寄せいただいております皆さま
 


環境省のクールビズ(匂い対策になる香りつき柔軟剤推奨)について、質問と要望を、市民グループ3団体の連名で環境省に提出したことをお知らせ致します。

文書を添付させていただきます。
同一のtxt版は、以下にもアップしてあります。

http://www5e.biglobe.ne.jp/~ladymine/kiji/cool130602.txt

経済産業省には、香料の用途拡大など香料産業の振興をはかる部門(生物化学産業課・香料担当/tel03−3501−1511) があり、今後も、注視をしていく必要があると思います。

香料は、人間の鼻腔の深部まで送り込み、匂いとして感じられることを目的として、すなわち被爆することを前提として作られている化学物質です。


また、多種類の化学物質を混ぜ合わせ溶剤を添加して処方されているそうですが、成分を明らかにしなくてもよいことになっており、

安全性はIFRA(世界香料工業界)スタンダードを遵守することで担保されると業界では考えられています。

香料などの化学物質は、農薬や医薬品とは異なり、十分な安全性審査がされておらず、毒性などはほとんど分かっておりません。

人と生活環境を、「香料」という名の化学物質で汚染することについて 、私たちは、もっと厳しく議論をする必要があるのではないでしょうか。

                    香料自粛を求める会 小沢祐子

プロフィール

ままさん

  • Author:ままさん
  • 発症は2000年。きっかけはシックハウス?中枢神経障害に悩まされつつ、欲張らないよう言い聞かせての日記です。
    高知県南国市在住・60代・女性

    ゆるゆると、回復への道を歩いています。
最近のコメント
最近の記事
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリー
バロメーター
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
『スーモ』オリジナルブログパーツ
不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。