スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心ほぐれる言葉

2010.12.31.09:00

私ごとです。
人はわがままなのですね。

97歳の母が、夏以降体調不良が続き、入院も4ヶ月過ぎに延命治療をお断りしてからは、自分自身の心身不調も加わりました。
会いに行きさえすれば、優しい母の笑顔に会え、元気を分けてくれてたのが当たり前のような日々。母は自宅介護希望で、先端医療を受ける気持ちは無く即答してしまったのです。

少し時間を経た年の瀬。
年末寒波とかいわれる寒さなのか、大掃除もまるで進まずパス、優先順位を変更し、ご先祖様の墓参り&菩提寺のご住職にご挨拶をしてきました。
前ご住職にお会いでき、日頃のご無沙汰のお詫びと母の近況をつたえると、このような話ををして下さいました。

お別れすることはとても寂しいけれど、大切なのは残される家族がどう見送るかということです。今あなたが、多くの時間をもらえているということは、自分の心の整理をさせてもらえているのですよ。それもお母様の優しさでしょう。
寂しさに涙し心を揺さぶられることもあっても、その時を過ぎれば感謝と共に過ごした楽しい事や思い出が静かににじみでて、気持ちが落ち着いてくるものです(上手に書けませんが)・・・と。

3日前、あなたの事がふと気になったのはお会いする日が近かい知らせだったのですね。
あなたは、いつも咳き込んで苦しそうにしてらしたから、こんなにお元気になられて嬉しいですよ。良かったですね。


そうです。
私は今、まだ少し涙ぐむ時もあるけれど、ありがとうの感謝が多くなり、随分落ち着くことができてきたように思うのです。

今日はきっと、このようなお話をお聞きしたくて自然に足が向いたのでしょうね。
夫の運転で、いつも通る道を一筋間違い迷い込んだ場所が、菩提寺近くだったことも不思議です。ご挨拶に伺うことは話して無かったのに・・・

一年の締めくくりに、心の整理をすることが出来て本当に良かった。

その後、県外にいる姉にもこのことを話したくて電話をしようとしたら、めったに連絡のない姉からかかってきたのにもビックリ!

母がいつまでも頼りない私たちを心配して、このような手配りしてくれたのではと思う出来事でした。
きちんと独り立ちしなくてはいけませんね(*^_^*)

スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

ままさん

  • Author:ままさん
  • 発症は2000年。きっかけはシックハウス?中枢神経障害に悩まされつつ、欲張らないよう言い聞かせての日記です。
    高知県南国市在住・60代・女性

    ゆるゆると、回復への道を歩いています。
最近のコメント
最近の記事
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリー
バロメーター
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
『スーモ』オリジナルブログパーツ
不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。