スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風さんの避難とシックスクール

2010.09.01.18:46

いつもは私が桜邸に移動し、一緒に早朝治療所に通院するのですが、風さんの住む地域の一斉防除期間が、天候不順で大幅に遅れていました。
通院の道中がすっぽりそのエリア内に入るという、最悪のパターンなったのです。

風さんから、農薬名が判明したとメールが来たので、検索してみると・・・
「アミスター」←殺菌剤と「ダントツ」←殺虫剤の混合水和剤。
ダントツは、なんとネオニコチノイド系。

ネオニコチノイド

この所かなり不調、今は桜邸での生活は無理と私は判断!!
私も宿泊はダメかも知れないから、シックシェルター持参で高知に避難しておいで!って緊急連絡!
よれよれになって、仲間の一時避難用マンションに避難。
通院時間は倍以上になるのですが、風さんの症状快復には治療も必要、頑張って走ることに決定!

6時出発、マンションに行き治療所に向かう、帰路は私宅に帰り夕方又マンションに送るというパターンで3日間通い続けるハードな毎日。
私宅にいる間も、ゆるゆる仲間の様々な用事を片づけ、ゆっくり横になる暇も無かったのですが・・・


そんな真っ只中、仲間から幼稚園の耐震工事の件でSOSメールが入り、翌日きちんと状況を聞くために会いに出かけました。
自分達も、心身共に余裕のない状況ですが、幼い子ども達に関わることですから急ぎます。
しかし、既に工事は終了、その後の対処法ということなので、難しい対応を迫られます。

大人の2倍の呼吸を必要とする幼い子ども達。
有害な空気環境で安全の確保はどうなるのでしょう?
呼吸から入る化学物質はそのまま血流に入る訳ですから、デトックス機能の未発達な子どもは危険な状況に置かれているのではないでしょうか?

何ができるか、工事内容も判らない状況で判断は難しく、仲間が園長先生にお話を伺える機会を申し込むようにしたいと言ってますので、今回も工事の件は専門家との相談として、私たちは、子ども達の命を守るため、被害が拡大しないよう、シックハウスと病気についてのお話をさせてもらえればと考えてはいるのですが・・・

これも、どこまでお手伝いできるものなのでしょうか?

兎に角体調を整えなければ行動できません。
睡眠、休養第1としたいのですが、なかなか思うようにならず(>_<)ゞ

地域の役員の仕事で、敬老会のお世話を進めなくてはいけません。
あぁ~、丈夫な体が欲しいものですよね(*^^)v

PC:風さんは今日から桜邸に戻りました。
疲れ切っている身体を休めれたら良いのですが、心配です。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

ままさん

  • Author:ままさん
  • 発症は2000年。きっかけはシックハウス?中枢神経障害に悩まされつつ、欲張らないよう言い聞かせての日記です。
    高知県南国市在住・60代・女性

    ゆるゆると、回復への道を歩いています。
最近のコメント
最近の記事
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリー
バロメーター
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
『スーモ』オリジナルブログパーツ
不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。