スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

県立高校耐震補強工事について

2010.08.28.13:29

8月25日(水曜日)
県立高校耐震補強工事が行われる学校で、会員さんに面談を設定していただきました。

この学校は、たまたま我が母校でもあり、卒業後初めて校内に足を踏み入れたけれど、懐かしさに浸るより緊張が勝っていて、ゆっくり観察できず少し残念。

時間前に到着し待機場所として事務室に通されたのですが、一瞬にしてこの場には居る事が出来ず廊下で待ち、その後校長室に案内されました。

この場所も、天井のパーティクルボード合板臭や合皮の椅子、壁一面の飾りボードからも揮発物質が感じられたのですが、面談終了まで我慢できると思い、出来るだけ手短にと心掛けながら話を聞いて頂くことにしました。

工事日程が決まれば家族で話し合いながら、本人の体調に最大限配慮し、無事卒業を迎えその先の夢と希望に向かって歩いていけるようみんなの気持ちを一致させました。

今後、窓口として、学業は教頭先生、担任の先生、工事全般については事務長と密に連絡を取れる体制になりました。
工事責任者が決まれば、その方と再度お会いしてお願いすることもあるかも知れませんが、今の段階では、連絡方法として家族の携帯電話番号を学校側に渡しホットラインを作り、無事話を終了することが出来ました。
勿論ゆるゆる仲間のブログや、会とのホットラインも伝えてきました。

危険な時は登校しない・・・がベストです。
シックハウス症候群からCSに移行することが無いよう心から願っています。

*********☆
以下風さんブログより 転載
風のたより
*********☆

今夏の猛暑で疲弊している体で、充分なお手伝いが出来るかと言われれば、そうではありません。でも、体調が快復してくるのを待てる状況ではないのです。

次から次ぎと、解決しなくてはならない事柄が追いかけてくるようです。
それだけ、この社会が住みにくくなって来ているのでしょう。

どうせCS老人になるのだから、せめて社会で役立つ人間になりたいと考えるようになったのは5年ほど前、*その頃の日記*その気持ちは、今も変わらずむしろ大きくなっていくようです。

生まれた時から約束された生きる年数、あとどのぐらいかは知らないけれど、悔いのない時間を過ごせたらと自分なりに大切に暮らしてみることですね。
その日々は、本当に待った無しのように多忙を極めてきました。
何とか体調を整えながら、歩んでいければ嬉しいですね(*^^)v
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

ままさん

  • Author:ままさん
  • 発症は2000年。きっかけはシックハウス?中枢神経障害に悩まされつつ、欲張らないよう言い聞かせての日記です。
    高知県南国市在住・60代・女性

    ゆるゆると、回復への道を歩いています。
最近のコメント
最近の記事
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリー
バロメーター
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
『スーモ』オリジナルブログパーツ
不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。