スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■シックスクール関連ニュース:毎日新聞 2010年6月4日 東京朝刊

2010.06.07.08:22

シックスクール:乳幼児から対策 宇都宮市が「マニュアル」 発達への影響を懸念

建物の建材や家具から揮発した化学物質などが健康を害す「シックハウス症候群」。その学校版の「シックスクール問題」を予防するため、宇都宮市はこのほど幼稚園・保育園向けの対応マニュアルを作成、配布した。シックスクールへの対応は各地で進んできたが、行政の縦割りの影響もあり、幼児を主眼とした対策は遅れている。【田村佳子】

 宇都宮市の「幼稚園・保育所のシックスクール問題対応マニュアル」は1月に完成し、市内の幼稚園連合会や保育園園長会を通じて全園に配布された。09年3月の市議会で提案されたのを受け、市教委が小中学校向けに作っていたマニュアルを基に作成した。

 冒頭では、化学物質による体調不良について「初期の段階や軽度の場合は、不定愁訴(頭が重い、いらいらするなど)が中心で他の疾病と間違われやすい」、原因物質も「多種多様の極めて複雑な症候群」と説明し、日常の予防措置の大切さを訴えている。

 新築・改築工事や樹木への殺虫剤散布の際の注意点も列記したほか、幼稚園や保育園で子供が触れる可能性がある化学物質を「園庭」「プール」など場所別に図解し、幼児の施設らしく布団類の保管の注意も盛り込んだ。

 また「保育参観等で来園する保護者に対して、たばこのにおいや香水、化粧品等は園児や保護者の健康に影響を与える可能性があることを周知する」として、保護者の啓発にも踏み込んだ。同市保育課では「小さい子供ほどシックスクールかどうかは分かりづらい。マニュアルを参考に、日常生活の中で十分注意してほしい」と話す。

  ◇   ◇

 「シックスクールマニュアル」自体は、03年に埼玉県が発行したのをはじめ、長野県、千葉県、旭川市(北海道)などが作成している。だが、幼保向けは「他に聞いたことがない」(宇都宮市)と関係者は口をそろえる。一般的に文部科学省所管の教育委員会が作り、学校や関係教委に配るため、厚生労働省所管の保育園には情報が届きにくいからだ。

 だが、乳幼児は体重1キロ当たり大人の2倍の空気を吸うとされ、神経系統が発達する時期とも重なり、室内環境の影響が懸念される。堺市の保育園の新築園舎で02年、集団シックスクールも発生している。元園児ら30人の民事訴訟を担当した西念(さいねん)京祐弁護士は「原告となった子供たちは小学校中学年になったが、今でも化学物質に過敏で鼻水が出たり、倦怠(けんたい)感を患う子がいる」と語る。

 03年の改正建築基準法で、学校も含め、すべての建物に関し、ホルムアルデヒドを発散する建材の使用が制限された。また、文科省は02年から、学校環境衛生基準でトルエン、キシレンなど4物質(現在は6物質)の室内濃度の基準値を決め、校舎などの新改築時に基準値以下であることを確認するよう定めている。基準値は、厚労省が設定した「室内濃度指針値」を基にしたもので、文科省所管の幼稚園にも適用される。

 一方、厚労省所管の保育園にはこれが適用されない。床面積などには詳細な基準があるが、化学物質で守るべき基準値について同省保育課は「特にない」という。西念弁護士は「幼稚園に規制が必要で保育園に必要ないという道理はない。保育園は滞在時間が長く、子供が体調の悪さを訴えられる年齢でないため、特に対策は必要だ」と訴える。

  ◇   ◇

 独自で対策を取る自治体もある。

 公共建築物全般のシックハウスガイドラインを持つ横浜市は、保育園の新設時に、学校と同じ6物質について濃度のデータ提出を求める。新設希望者向けの手引書では、冒頭に「シックハウス対策を行う」と明記している。

 宇都宮市も同様に6物質を検査している。

 民間団体でシックスクール相談を受けている大阪市の入江昌子さんは「シックスクールを患う子供は、受験や就職で大きな困難を抱えるほか、社会に出たら誰も発症者の生活保障をしてくれない。それだけに幼い時期を安易に考えては駄目。宇都宮市のマニュアル作成は画期的だが、現場まで意図が届いて活用されることが大切だ」と話す。

毎日新聞 2010年6月4日 東京朝刊

***********☆

わたしの住む地域の保育所については、孫たちが通園している園長先生たちにもその都度お話しをさせて頂き、できる範囲内での協力をしてくださってますが、取り組みとしてはマニュアル化されているわけではありません。
いつも危険と隣あわせが続いています。
古くて雨漏りのする施設なので、いつ改修工事並びに新設されるかもしれない環境です。
一番下の姫孫ちゃんが卒園するまでにはまだまだ時間があります。
大きな工事が無いことを願っているばぁばです。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

ままさん

  • Author:ままさん
  • 発症は2000年。きっかけはシックハウス?中枢神経障害に悩まされつつ、欲張らないよう言い聞かせての日記です。
    高知県南国市在住・60代・女性

    ゆるゆると、回復への道を歩いています。
最近のコメント
最近の記事
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリー
バロメーター
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
『スーモ』オリジナルブログパーツ
不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。