スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加臭時代にNO~

2010.05.15.22:14

先日購入した冊子「脱ケミカルデイズ!」に、このような文字が・・・

―文章一部引用―
************☆

―「加臭化」時代・・・
現在は「消臭化」が求められる一方で、やたらに香りが添加する「加臭化」の時代ともいえます。
芳香剤や香水のようなニオイ製品の他に、化粧品、食品、タバコ、洗剤、歯磨きなど、またプラスティックやゴムに練りこまれて、文具や日用品などにもニオイがつけられています。・・・

引用終わり
***********☆

私の半身麻痺を引き起こした物は、「ト0レその後に」でした。
その原因は直ぐには分からなかったのですが、「ファブリーズはいらない」という本の中にこう書かれています。


「ファブリーズはいらない」

・・・ 一部引用・・・

「ト0レその後に」
ボトルには、「植物抽出物、両性界面活性剤系消臭剤、第4級アンモニュム塩、香料、エタノール」という表示があります。・・・「バクテ0ート」や「リ0ッシュ」と同様・・

「トイレにスプレーするだけで、排便後のいやな臭いが瞬時に消え、さわやかな香りが漂います」とあります。成分の第4級アンモンニウム塩は、細菌を殺すためのものです。たんぱく質などを細菌が分解すると、嫌な臭いが発生します。・・・しかし、0便から漂ってくる臭いに対しては、それをすぐに消すことはできないでしょう。
・・・香料は、普通は何十種類もの香料成分を組み合わせて、独特のにおいを作り出しています。
これによって、マスキング効果が現れます。つまり、強烈な香りをかぐことによって、嫌なにおいが打ち消されて、感じなくなるという効果です。実際には、このマスキング効果が大きいのでしょう。

噴射剤として使われているLPガス(液化石油ガス。プロパンなどを主成分とする可燃性ガス)の割合が82%と15製品中最も多い・・・噴射した際のスプレーの平均粒子が、6.6マクロメートルから最も小さい。
粒子径が10マクロメートル以下の場合、呼吸をした際に吸い込むと、肺胞まで達するとされており、粒子径が小さいほど肺の奥まで入りやすく、それだけ影響をおよぼす。

またスプレーした際に、化学物質過敏症の原因となるTVOC(総揮発性有機化合物)が、厚生労働省の暫定目標値一立方m当たり400マクログラムを超えていました。

また、総揮発性有機化合物(TVOC)の濃度が高いと化学物質過敏症を起こすことがあると考えられます

―引用終了
***********☆

このように書かれてました。

今になって、やっと疑問が解けてきたようです。
車椅子生活を余儀なくされ、右半身には10年経った今も痺れや痛み、極度の冷えなどの不定愁訴が後遺症として現存しています。

狭い病室内で噴射されたスプレー、同室の患者さんにしてみれば、ニオイがすると申し訳ないとの思いからの行為だったのですが、その直後から私の人生が変わってしまったのです。

このような製品を、リスクの説明もなく販売するのは危険です。
そして限度を超える香料の加臭化には、絶対ノーです!

スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

ままさん

  • Author:ままさん
  • 発症は2000年。きっかけはシックハウス?中枢神経障害に悩まされつつ、欲張らないよう言い聞かせての日記です。
    高知県南国市在住・60代・女性

    ゆるゆると、回復への道を歩いています。
最近のコメント
最近の記事
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリー
バロメーター
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
『スーモ』オリジナルブログパーツ
不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。