スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母が今度は脱臼?

2010.04.09.17:26

母の病院から電話連絡がありました。
肩が痛いと言うのでベッドから落ちた時に脱臼したのでは?
そこで整形外科に連れていきますので、同行しDrに合って話を聞いてください。

月曜日にやっとの思いで病院を訪れ、主治医との面接が終わったばかりで疲れが取れずの状態、その上に連続で病院とは・・・ちょっと返事に困ってしまいました。

しかも、治療の為に自宅を離れているものですから、自力で運転したら帰宅困難者になってしまう可能性がありどうしたものかと、即答ができないまま病院へは翌日にしてもらう事に・・・
結局、風さんの運転で出かけることになりました。

整形外科というのは、シップ薬などが強くアルコール臭も同じです。
母はレントゲン撮影や診察を受けるため入っていきましたが、私は入り口で待機。

待合い椅子はありますが、この建物内の空気はとても耐えられるものではなかったものですから・・・
また病院は、道路を挟んで段ボールリサイクル業の会社があり、パッカー車がひっきりなしに運転。
排気ガスと段ボールを粉砕する際に出る接着剤臭で、このままではとても危険。
しかし、居る場所は玄関先しかありません。
防毒マスク装着し、50分ほど立ちっぱなすことになってしまいました。

集中力は勿論、体力消耗が著しく、このままではもう駄目かもしれないと思うような状況でしたが、何とか持ち堪え、診察費用や書類なども玄関の外まで出てきてくださって処理をすませましたし、Drも外で話しをしてくれました。
それ以上のダメージはなく、何とか今日もクリアです。

母はそのまま元の病院に戻りました。
病院の寝台車の運転手と付き添いの看護士だけで、説明もほとんどないままですが、母の身体に大きな負荷が掛かっていないことも確認(脱臼では無く、石灰カスが蓄積し、痛みを発していました)、今後は痛みがあれば注射を打つしかないとのことですが、これもいたしかたありません。

CS患者が介護をするというのは、想像外のことも多くなかなか思うようにはいきませんが、たくさんの方々に助けて頂きながら、ひとつひとつ解決していくしかありません。

いつか自分もその日がくるのですが、介護される側になればもっと困難が待ち受けているのでしょうね。
その時までに、もう少し回復していられますよう祈るばかりです。

怪我などして、外科的な処置をしなくてすめば幸いですね。
気をつけなければいけません(*^^)v

PS:風さん、ありがとうございましたm(__)m
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

ままさん

  • Author:ままさん
  • 発症は2000年。きっかけはシックハウス?中枢神経障害に悩まされつつ、欲張らないよう言い聞かせての日記です。
    高知県南国市在住・60代・女性

    ゆるゆると、回復への道を歩いています。
最近のコメント
最近の記事
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリー
バロメーター
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
『スーモ』オリジナルブログパーツ
不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。