スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩手日報の化学物質過敏症についての記事

2009.03.15.21:21

私がいつも勇気を分けて貰っている患者さんのHPとブログです。
来年から孫は小学生。新しい環境にどのように接していけば良いのか、不安ばかりのばぁばです。
そこで、岩手日報記事が目に止まり、是非皆様にも読んで貰いたくて、転載をお願いしましたら、快諾くださいましたので下記に転載させて頂きます。

化学物質過敏症と闘う 岩手のランナー ホームページ
けいさんのブログ
****************************

岩手日報の化学物質過敏症についての記事
2009.03.13 Friday
JUGEMテーマ:健康

今日の岩手日報の朝刊(社会面・テレビ覧の裏)で、化学物質過敏症について大きく掲載されました。

題は  「児童生徒に配慮して 校舎の化学物質過敏症 」

化学物質過敏症を子供が発症したら大変です。
学校環境での発症者が出ないように、各学校や保護者にはこの記事を読んでいただきたいです。

岩手日報社へ掲載許可を取っておりませんので(手続きが面倒で時間がかかりますので)全文を掲載できませんので、記事を参考(抜粋等)にしながら書きます。


学校で使うワックスやトイレの芳香剤、殺虫剤などにより、吐き気や頭痛を発症する化学物質過敏症(CS)の子どもへの配慮を求める声が県内でも高まっているようです。

症状がひどい場合には学校に行けなくなる場合もありますが、岩手県では、学校により対応がまちまちなのが現状です。
ですから患者団体は、マニュアル策定などの対策を望んでいます。

私の知り合いのご家族にもいらっしゃいますし、私も子供を持つ身としては同じ気持ちです。


40代女性は、2001年の引っ越し直後に体調が悪化し、1年後には強い吐き気におそわれたそうです。
何カ所も病院を回ったが検査では異常がなく、うつ病と診断されました。

小学生だった娘さんも頻繁に腹痛や胸の苦しさを訴えたそうですが、病院を渡り歩いても
「不登校の始まりではないか」「精神的なもの」
などと言われ、原因は特定できなかったようです。

私も「気のもちよう」「精神的なもの」よく言われました。

この女性やお子さんは、東京の専門病院を受診したところ、アパートの畳に使われた殺菌剤を主原因とするCSと診断されました。

お子さんの状態を調べると、学校でのワックス使用後に特に具合が悪くなっていたことから、学校に対策を求めたそうですが、病気について理解してもらうのは難しかったようです。

私はこの女性と面識がありますが、お話してて、相当ご苦労なさって大変だったのがよくわかりました。

そしていろんな働きかけをして、お子さんの現在通う中学校では、厚労省がシックハウス対策として基準を定めている化学物質を含まないワックスに切り替えました。
殺虫剤や除草剤も使わず、清掃時に使う洗剤も重曹に変えているといいいます。

県教委が小、中、県立学校の児童生徒を対象に08年6月に初めて行った調査では、岩手県でシックハウス症候群と診断されているのは1人、CSは7人。診断はないが、保護者が申し出ているのはシックハウス症候群50人、CS51人。

結構いますよね。多分わかっていない患者さんもいると思われますので、実際はもっと多いでしょうね。

いわてCSの会(小峰奈智子代表)やいわての自然とともに暮らす会(瀬川貴子代表)などの要望を受け、県教委は08年8月、養護教諭を対象にCSに対する研修会開催など啓発に乗り出しました。

私もこの研修会には特別に参加させていただきまして、私の主治医が講演をしたのですが、皆さん熱心に聴いて下さり感激しました。

しかし対策は各学校が独自に判断しているのが現状。
東京都や埼玉県ではマニュアルを策定し、ワックスの使用制限など具体的な対応を定めているのに岩手では・・・

暮らす会の瀬川代表は「CSはワックスや芳香剤などから発症することもある。国の化学物質基準は大人が対象で子どもは影響を受けやすい。予防原則を大切に学校での対策を進めてほしい」と願っております。
私も同じ気持ちです。

県教委スポーツ健康課の川口仁志総括課長は「マニュアルに関しては検討する。症状がある子どもには、個別のケースに応じて対応していかなくてはならない。CSの知識を広げるため、啓発を続けていく」としていると言ってますので期待したいです。

****************************
以上転載記事でした。

ここからは私見です。
私は発症9年目になるのですが、息子夫婦も、化学物質過敏症もしくは化学物質過敏症の疑いです。
3人の孫達は、その遺伝子を受け継いでいるはずです。

風邪を引きやすく、花粉症を患ってます。ニオイに敏感なようですが、まだはっきりとした症状はありません。
出来るだけ危険は避けるような生活をしている現在、来年就学予定なので、お願いできる事などがあれば、それらをまとめて置きたいとの老婆心です。

健康な児童も、気になる孫達もみんな同じ未来ある子ども達です。
化学物質過敏症を発症することなく、元気に学校生活が送れますよう、心より願ってこの記事を掲載しました。

是非一緒になって考えてみてくださいませ。
未来ある子ども達のために・・・!!
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

ままさん

  • Author:ままさん
  • 発症は2000年。きっかけはシックハウス?中枢神経障害に悩まされつつ、欲張らないよう言い聞かせての日記です。
    高知県南国市在住・60代・女性

    ゆるゆると、回復への道を歩いています。
最近のコメント
最近の記事
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリー
バロメーター
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
『スーモ』オリジナルブログパーツ
不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。