スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栽培技術のDVD発売

2009.02.09.10:41

私が発症時からお世話になっている農家さん(山下農園)。
産地の見学も出来ますし、安心して食べられるのはとてもありがたいことです。

有機のがっこう「土佐自然塾」塾長をされている山下一穂さん、この農家さんの美味しい野菜達、宅配してくださる奥様や研修生にも、たくさんの元気を貰っています。

この度、就農から学んだノウハウを、DVDにまとめて発売しました。
今回が第二弾です。

全国のたくさんの方々に見て頂いて、有機農業での作物づくりが広がることになれば、環境保全にも大きな役割を担っていくことでしょう。
そうすれば、私達の住む環境も随分綺麗になると期待しています。

そうなる日々を願って、お勧めします♪


一穂さんは、大切なのは虫や微生物の豊富な国土を取り戻すことだそうです。
そのために、有機農業をどんどん広めたいと話しています。



「これで どうじゃ 超かんたん無農薬有機農業」

 高知市内の書店などで手に入ると思います。
発売元の「トランスウエーブ」(高知市)が運営する「エコスタイルショピング」ホームページエコスタイルショッピング、または電話(088.854.5886)でも取り扱っているようです。

私も仲間と一緒に有機農業のお勉強♪


スポンサーサイト

comment

Secret

No title

2009.02.14.11:15

こういう資料があるといいですね!
昨年は冷凍餃子や汚染米などいろいろニュースになっていました。
食の安全ということを勉強しないと!
うちのブログでも記事にさせていただきますね。

訪問ありがとうございます♪

2009.02.15.19:48

杏ママさん、ご無沙汰しています。
治療も65回を越え、まだまだ進みます。
治療の成果も少しづづ見えるこの頃、かるぽーとでの講演も聴いてきました。

> こういう資料があるといいですね!
> 昨年は冷凍餃子や汚染米などいろいろニュースになっていました。
> 食の安全ということを勉強しないと!
> うちのブログでも記事にさせていただきますね。

山下野菜は、他の化学物質過敏症患者さんも食べられています。
(症状も様々で、有機無農薬も駄目な方もいらっしゃるのですが・・・)

大声で有機農業をしてくださ~~い!!って叫びたいものです(^o^)
どうかよろしくお願いします。


No title

2009.02.25.14:01

お久しぶりです。
東北の患者です。
先日、NHKで環境問題のドキュメンタリーをやっていました。
世界中で男性が女性化しているそうです。
別の研究では、アメリカの都市を4つ選び、男子の精子の数を調べたそうです、
ニューヨークやロサンゼルスより田舎の農業州コロンビアの男性の精子の数のほうが減っていました。
映像で見ると、都会の人の半分ぐらいです。
農薬が何らかの原因ではないかといっていました。
アメリカの空中散布農法を真似している世界一農薬大国日本。
さらに、アメリカでさえ恐れて散布しないダイオキシン農薬を大量に水田に使用しました。
青森県、秋田県、岩手県、宮城県、会津地方、新潟県、米どころは
自殺者がうなぎのぼりです。
水田地帯の農民はダイオキシン農薬を15年間直接吸っています。
ダイオキシンと糖尿病の因果関係は、高いと言われています。
推測すれば、有機リン農薬でうつ病になり、ダイオキシンで糖尿病になれば自殺するのは当然だと思います。
仙台の朝日新聞の斉藤記者は、「米に入っているダイオキシンは枯葉剤じゃないから、比較的安全だから大丈夫なのだ。」断言しています。
私は、信じられません。
ダイオキシン類のPCBがおそろいといわれているのに、本来のダイオキシン農薬が安全だということがあるでしょうか。
ダイオキシンが安全だという人達はは信用できません。
有機農法のすばらしさを日本中に広めてください。
それが未来の子供たちを守ることになります。

No title

2009.03.09.20:32

五街道 さん、訪問ありがとうございます。

> 先日、NHKで環境問題のドキュメンタリーをやっていました。・・・

農薬問題はとてつも無く難しい問題を抱えていると思います。
私には理解しがたい事ばかりです。

> 有機農法のすばらしさを日本中に広めてください。
> それが未来の子供たちを守ることになります。

今私に出来ることは、有機農法で作られている野菜などの安全性を自分の身体で実験済みの事実です。
確信を持って進められるのはこの農法でしょうね。
中には、食べられない物もあるのですが、それはその野菜だけの問題でもない事もあったりして、これも患者には苦労するのです。
私はだんだん過敏度が下がってきているようで、食べられる幅が広がってきていますが、出来れば安全な物を食べ続けていきたいのです。

一生懸命、身近な方々に実践して頂けるように、お手伝いをしていこうと思っています。

会話が出来ない方に、時間を割いてストレスを増やすより、少しでも聞く耳を持ってくださる方と一緒に行動することが、一番良いのではと考えました。
五街道さんも、お身体大切になさってくださいませ。
ありがとうございました。
プロフィール

ままさん

  • Author:ままさん
  • 発症は2000年。きっかけはシックハウス?中枢神経障害に悩まされつつ、欲張らないよう言い聞かせての日記です。
    高知県南国市在住・60代・女性

    ゆるゆると、回復への道を歩いています。
最近のコメント
最近の記事
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリー
バロメーター
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
『スーモ』オリジナルブログパーツ
不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。