スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お知らせ

2008.09.07.13:06

●支援センター会報44号
化学物質過敏症支援センターから会報が届きました。
化学物質過敏症など、環境と健康に関する研究をしている、日本臨床環境医学会第17回学術集会の報告がのっています。

● 患者で会員にみなさまへのお願い。

厚生労働省の研究事業に横浜市立大学医学部皮膚科の先生方がメンバーとして入ってらっしゃいます。

その一環としてCS支援センターにアンケートの依頼がきました。

アンケートの内容は、横浜市立大学医学部皮膚科の先生方が作成されたものです。
テーマは「シックハウス症候群の診断・治療法及び具体的対策に関する研究」です。

アンケート内容は、現実にはシックハウス症候群と化学物質過敏症は分かちがたい疾患であると先生方に訴え、少し改善されたものがお手元にお送りするものです。

出来るだけ多くの患者さんの症状をもって、みなさんの声を大きくまとめ、このアンケートの範囲だけでも、国に訴えていきたいと思います。

1人でも多くの患者さんがこのアンケートにお答え下さいますよう、宜しくお願いします。 
      CS支援センター事務局  

   〈一部抜粋)

*:*:*:*:*:*:*:*:*

■これは、一部の地域ですが、国立病院機構高知病院からも、患者の皆様へアンケートを実施されてます。

一部抜粋して記します。


2002年化学物質過敏症外来開設以来、継続して受診される方、時々相談に来られる方、遠隔地のため等で来院が難しい方様々です。

・・・その結果、症状の改善があったかなどの情報が充分把握できてないのが実情です。

そこで当アンケートに協力をいただき、その結果をまとめて、今後の診療に役立てたいと考えております。・・・

そして、アンケートの結果やお寄せいただいたご意見は、個人が特定できない形で、厚労省のシックハウス症候群に関する研究班に反映させていく予定です。・・・

尚、当アンケートは皆さんの自由意志でご回答下さい。お答え頂いた内容は上記目的以外に使用することはありません。

また、研究班会議等への発表は個人が特定できない形で行い、プライバシーを尊守することをお約束致します。

  ↑ ↑

だいたい、このような内容でした。


PS: やっと、動き始めたようです。

患者がアンケートなどに記入することは大変な努力と忍耐が必要かとも思いますが、自分を振り返り、整理整頓が出来る良いチャンスだととらえ、書けるだけ書いて提出される事をお勧めします。

物忘れの酷い私は、 提出前にコピーして保存すれば、自分記録の一つになることでしょう。

スポンサーサイト

comment

Secret

RE:お知らせ

2008.09.07.19:50

こんにちは。
CS支援センターのアンケート、こちらにも届きました。
高知病院でもやっているのですね。
このような取り組みで、CS 治療が一歩でも二歩でも進むといいなあと思っています。

PS
ブログの出だしが全く同じだったのでびっくり・・・。
プロフィール

ままさん

  • Author:ままさん
  • 発症は2000年。きっかけはシックハウス?中枢神経障害に悩まされつつ、欲張らないよう言い聞かせての日記です。
    高知県南国市在住・60代・女性

    ゆるゆると、回復への道を歩いています。
最近のコメント
最近の記事
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリー
バロメーター
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
『スーモ』オリジナルブログパーツ
不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。