スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老愛車の車検と、車のない暮らしを考える

2015.01.30.15:01

1月30日(金)
15年目の老愛車が、26日(月)からドッグ入りして今日やっと帰宅♪
私の発症歴と同じ年数をともに歩んでくれてます。
走行距離はまだ10万キロにも達してませんが、ボディは傷だらけだしライトレンズは白内障、色々メンテナンスが必要になっていたようです。
修理屋さんいわく、20万キロまでは十分走れますよ~♪

普通生活が出来る方は、新車に買い替える選択肢もあるのですが、化学物質過敏症の私にはそれが困難です。
思考力集中力に支障がない老愛車(全く反応物質がないとは言えない)、乗れる間は継続してメンテナンスをすることにしました。
経年老化現象で、視力や集中力も落ちると後何年運転ができるか検討もつきません。
良い機会なので、車のない生活のシュミレーションをしてみました。

そこで、先日免許書を返還し、新しく購入したばかりの車を家族に譲った8歳年上の隣人に聞いてみました。
今は週3回デイサービスの送迎があるし、買い物もあるもので食べれば良いし・・・何も不自由ではないですよと笑顔で話してくれます。
そうですねぇ。75歳を過ぎ不調も増え不安な日常生活だったようで最善のプランでしょうね。

私は?
●暮らしのための買い物は?
 食材などは、宅配を利用できてます。
 PCが使える内は何とかなりそうです。
●医療機関への通院は、サポートが必要になります。
●金融機関や役所など、手続きが必要で出向かなくてはならない場合、これも解決策を考えておかなくてはなりません。

そうそう、夫ももうすぐ免許の返還をする意志のようです。
既に月1回の通院以外、車には殆ど乗っていません。

「老いる」
リアルに迫ってきているようです。
車が唯一のツールには変わりがありませんが、暮らす工夫を再考ですねぇ(*^^*)


スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

ままさん

  • Author:ままさん
  • 発症は2000年。きっかけはシックハウス?中枢神経障害に悩まされつつ、欲張らないよう言い聞かせての日記です。
    高知県南国市在住・60代・女性

    ゆるゆると、回復への道を歩いています。
最近のコメント
最近の記事
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリー
バロメーター
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
『スーモ』オリジナルブログパーツ
不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。