スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CS児童の家庭学習

2014.12.14.12:44

我が家の孫君は小学3年生、現在自宅学習をしています。

小学校・教育員会・保護者・患者会と協力しながら、CS児童のために病弱学級が開設されました。
9月から通学を始めたものの、玄関、教職員室など大勢の人々が出入りする場所からの大量の香料汚染で、登校直後から暴露症状で苦しみ学習には至らず1時間も授業ができない状態に陥りました。

登校時間を遅らせてみたり、登校下校も送迎したり、思いつく方法を施策をしてみてもどうしようもなく、止むをえず登校をあきらめ、自宅庭にガーデニングテーブルを設営し学習をしはじめます。

当初何日かは楽しい学習時間(1時間ほど)が持てたのですが、野焼き、トラクターのエンジン臭、隣家の排水路に流される洗濯洗剤臭などで暴露症状が続き、体力消耗が激しいことで家庭内学習を考慮することになったのです。

しかし、人が外から持ち込む様々な汚染物質で学習できるのかどうか心配で、考え混む日々。

祖母である私の居間なら対応が可能ではないかと本人とも話し合いの結果、家族の協力体制を作りあげ、テストケースでやってみようと・・・

当初1時間ぐらいだったのが、現在は午前中1時間半、午後1時間ほどと延長でき、内容も理解力も上がってきはじめリズムもとれてきたように見受けられます。

担当教師も、セスキ洗濯、ヤッケ着用など、できる対応で協力をしてくれ、児童の体調変化にも敏感に観察力をあげてくれているようで、あくまでも児童の体調で授業の短縮や延長を試みながら現在も学習してくれています。

現在の家庭学習がベストとは言えませんし、今後も継続すべきかどうかも何もわからないのです。
それでも、本人が続けたいと言う意志を汲んで対応をしているのが現実。

PS:居間を学習室に使用している関係で、PC作業や家事、その他必要な作業が止まっています。
孫ちゃん中心の暮らしモードで、ブログなども難しい状況ですが、寝込んでいるわけではありませんのでご心配ありませんように(^^)
時間がつくれたら、書いてみます♪

スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

ままさん

  • Author:ままさん
  • 発症は2000年。きっかけはシックハウス?中枢神経障害に悩まされつつ、欲張らないよう言い聞かせての日記です。
    高知県南国市在住・60代・女性

    ゆるゆると、回復への道を歩いています。
最近のコメント
最近の記事
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリー
バロメーター
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
『スーモ』オリジナルブログパーツ
不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。