スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カノン♪の想い出♪

2014.08.31.19:04

シックハウス発症から日常生活不能になり、京都の高尾病院で転地と漢方治療で4ヶ月ほどで退院。
その後、農薬や化学物質暴露症状で意識障害になり救急搬送されたものの全身麻痺、言語障害とまたもや自宅での生活が困難に。
再度高尾病院に戻り3日後、治療をはじめようとした矢先、同室患者さんが「トイレそのあとに」消臭スプレーを使った直後呼吸困難になり意識障害、右半身のマヒが強く水を飲むとダラダラ~~と流れ咀嚼(そしゃく)が出来ず流動食。
車イス介助となる。
物療リハビリプログラムとハリ治療、漢方薬入浴療法により、院内は補助歩行器で移動可能となるが、握力は戻らず・・・
話し言葉も、空気が漏れるから上手く伝わらない・・・・・こんな毎日、これからどうなるのか・・・

看護師、ドクター、入院患者さんも、とても優しくて、こんな私を支えてくれました。
私の大好きな珈琲を、車イス生活の難病患者さんが一生懸命売店から運んできてくれるなど、アトピー患者の若者もみんなで励ましてくれました。

仲良しの久子さん(70代)と頑張ってリハビリをする私に、可愛いお嬢さんがピアノを一緒に弾きましょうと誘ってくれました。
70代、50代、17歳が、生まれて初めて連弾と言う弾き方で、3人で弾いた曲は「カノン」です♪
苦しく辛い療養生活が、パッと花が咲いたように笑顔で満たされました♪

この出会いは、体の調子が良い時に、久子さんとは滋賀県の老人ホームに手紙を出したり、電話で話したり、また他の人たちとも、年賀状や暑中見舞いなどと、お互いの近況を伝えあいながら交流は続いています。

昨夜ふと「カノン」のお嬢さんの近況を知りたくて、メモってあったメルアドにメールをだしてみたら、お返事が返ってきたんですよ。

もう12年前になるのに、「カノン」のメロディが聞こえると、私には昨日のように鮮明に記憶が戻ってきます。
このお嬢さんは、医学への道を進み研修医になっていました。
そして、2歳になる坊ちゃんのお母さんにもなって、本当に嬉しいことです。

病気になったのは悔しくて悲しかったけれど、こんな素敵な出会いがあるなんて誰が思ったでしょうねぇ。
思い出すだけで涙が溢れだし、楽しかった様々な病院生活が私の胸を熱くします。

本当に、人と出会うことは素敵です♪
また、近況を語りあいましょう(*^^*)V

今日は一日ニマニマしています。
感謝!!
お休みなさい♪

スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

ままさん

  • Author:ままさん
  • 発症は2000年。きっかけはシックハウス?中枢神経障害に悩まされつつ、欲張らないよう言い聞かせての日記です。
    高知県南国市在住・60代・女性

    ゆるゆると、回復への道を歩いています。
最近のコメント
最近の記事
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリー
バロメーター
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
『スーモ』オリジナルブログパーツ
不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。