スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

考察:浸水被害後の処置

2014.08.15.10:12

私の1998年高知豪雨体験です。
フラッシュバックにタジタジし、なだめなだめ記憶をひも解くことにしました。

今でいうゲリラ豪雨ですが、その当時はTVもラジオも災害報道が全くされてなく、歌番組が延々続いてました。

浸水部分は階段の中ほどまで、キッチン、居間、風呂、トイレ、日本間2部屋が水没し、生活機能が完全麻痺、2F2間での生活。
マスクをするという意識もなかったし、ただ茫然としてどうにかしないと・・・(当時はCS発症前)
母を施設に預け、夫と2人だけでかたずけを開始したが、夫は職場に行くので結局1人でやるしかなかった。

幸いまだ水道が出ていたので、急ぎ家の中の物を外に出し室内を水で洗浄。
居間・・・敷き込み絨毯は、カッターで切り取り廃棄処分。書籍や雑多な物も外に。
キッチン・・・残念ながら、大量の瓶詰め保存食も汚染されたので全て廃棄。その他、食器なども全て外に。
      <保存食は水没しない場所にストックするべき>
日本間・・・タップリ重くなった畳は、重く助けてくれる友人の手によって外に。
      タンスは、汚水をタップリ吸い込んで引き出しも開かずそのまま外に。
<金庫・・・耐火金庫は、防水ではない。大切な書類は全て滲んで解読できず。再発行が必要。浸水しない場所に設置すべきだった。
<実印・・・ツゲの木で造った印は、水分を含み形状が変化したとのことで、造り直す羽目に。
水回り・・・洗濯機や電化製品も外に出し、取りあえず汚水を洗浄。

そして、CS発症のキッカケとなる当時の回想
http://mamasanndesu.blog5.fc2.com/blog-entry-56.html
 
・・・続く・・・

スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

ままさん

  • Author:ままさん
  • 発症は2000年。きっかけはシックハウス?中枢神経障害に悩まされつつ、欲張らないよう言い聞かせての日記です。
    高知県南国市在住・60代・女性

    ゆるゆると、回復への道を歩いています。
最近のコメント
最近の記事
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリー
バロメーター
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
『スーモ』オリジナルブログパーツ
不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。