スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■CS情報・・・建築士さんのブログ~

2013.03.21.09:29

お世話になっている建築士さんAA STUDIOさんのブログより転載させてもらいました。

AA STUDIOの『和』の暮らしと、木と土の昔ながらの家づくり日記
http://aastudio.jugem.jp/?eid=160#comments

一部抜粋し転載します
・・・・・・☆
キッチンのリフォームによってシックハウスを発症してしまったMさんのその後の様子です。
オールステンレスという謳い文句とは裏腹に、その下地には合板がベッタリと貼り付けられたキッチンを購入してしまってシックハウスになったMさん。

関東にある化学物質過敏症患者さんを診ることができる”そよ風クリニック”を受診をして、恐るべきことに!シックハウスからすでに化学物質過敏症に移行してしまった事を診断されてしまいました。

これによりある特定物質に反応していたシックハウスから、身体は多種化学物質過敏状態に移行してしまったことになりました。ほんの些細な出来事が、人生を大きく変えてしまうような化学物質過敏症へと・・。
 ・
 ・
 ・
化学物質過敏症者が安心して暮らせる家づくり、
いえ、化学物質過敏症を生まない家づくりが求められています。

私自身もこういった仕事をとおして、自分に刷り込むように学ばせていただく良い機会です。
プロとして安全な家づくりとは?という事を刷り込まれている感じです。

さあ、万全というものがない化学物質過敏症者のリフォーム、どうなるやらです。
今後も、化学物質過敏症と住まいについてもお話をしていきたいと思います。

・・・・・☆
こんなことが、多分全国各地で起きているのでしょうね。
体調不良の原因がリフォームだと気付かず、まして化学物質過敏症だと知ることが出来る人は少ないのではと。

消費者が一生懸命危険回避をしようとしても、現在の社会構造では情報を得るのは難しいものです。
今現在は、この建築士さんのような方々に、学んでもらいながら危険リスクを軽減する術が最短ではないかと考えます。一緒になって行動してくれる意識の高い職人さんも必要です。

トップダウンしている暇はないのです。
今この時にも、発症者は増え続けているのです。
一部の発症者の声だけでは届かないのでしょう。
より大きな声にしていく必要があるしょうね。

私たちに出来ることは、より多くの周囲の人々を巻き込んで、「知ってね☆活動」を継続することだと思うのです。
「継続は力なり」とか・・・


スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

ままさん

  • Author:ままさん
  • 発症は2000年。きっかけはシックハウス?中枢神経障害に悩まされつつ、欲張らないよう言い聞かせての日記です。
    高知県南国市在住・60代・女性

    ゆるゆると、回復への道を歩いています。
最近のコメント
最近の記事
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリー
バロメーター
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
『スーモ』オリジナルブログパーツ
不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。