スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初診でのエピソード

2012.04.13.09:09

4月12日(木)
昨年県外より避難して来ていた患者さん。
短期間に、何度も移動する放浪生活を余儀なくされています。
反応物質が多岐に渡るため、近づくことも出来ず通信手段も途絶えがち、とても心配でしたが遠くから見守るしかありませんでした。

何度か受診申し込みをしたものの、通院手段が自力運転しかなく、遠方に在住のため、体調変化によりたどり着くこともかなわなかったのですが、最近やっと病院近くになんとか移動できました。

防毒マスクを晒したり持ち物をチェックしたりと、受診準備もしていると連絡があり、ちょっと安心していたのですが、また連絡がとぎれて心配していたら、やはりアクシデント発生で車中泊中だとか。
曝露さえなければ、なんとか生活ができることも可能なのに、本当にこの病気は過酷ですねぇ。

しかし今回を逃せばいつ受診出来るかわからない事態も予測され、危機感も手伝い連絡を取り合ってやっと受診にこぎつけました(ほっ)

体調が良くない二人の患者さんの要望で、付き添い入室し状況を見守っていました。
防毒マスク越しの会話は、ドクターも聞き取りづらくお互いに必死の様相です。
そのうえ、時系列で伝えられなく、もどかしくなり言葉も思うように出てこなくなっていきます。
体力気力とも使い果たし、ヨレヨレです。

きちんと記入した問診票と生活歴は、曝露により緊急避難して来た以前の住まいに放置したまま離れた状況のようです。
勿論院内空気が原因でもあるのですが・・・


意識が少し混濁するようなので、終了まで側にいてくれるようにと1時間半同室、エアイーサーが可動するなかで、緊張からかどうにか持ち堪える事ができました。

血液検査を終え、結果は次週にと全て終了したのは、すっかり夜間診療モードの院内になっていました。

とても疲れましたが、3人とも無事です。
患者さんは、しばらく撃沈することでしょうね。
復活したら連絡がくるでしょうから、それまで休養ということにしましょうか。

でも月曜日は緑内障の定期検査日なので、再度病院に来ることになるのです。
しっかりしなくては(^^ゞ
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

ままさん

  • Author:ままさん
  • 発症は2000年。きっかけはシックハウス?中枢神経障害に悩まされつつ、欲張らないよう言い聞かせての日記です。
    高知県南国市在住・60代・女性

    ゆるゆると、回復への道を歩いています。
最近のコメント
最近の記事
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリー
バロメーター
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
『スーモ』オリジナルブログパーツ
不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。