スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一時緊急避難先捜し報告

2012.02.06.13:53

時雨がポツポツ降っている中、緊急避難場所捜しに出かけました。

愛媛県のサポーターさんのご紹介、標高五〇〇メートルの山の上にあるお寺です。
ルート55号線から北に16キロ、30分ほど山に登っていきます。
つづれ折り道がいくつか続きますが、道幅もさほど狭くない迷子にはならない道でした。
と言っても、自分が運転していた訳ではないので、余裕で言えることですがね。

結構な寒さの中、ご住職ご夫婦にご挨拶、山門を入り右手に本堂や庫裏が続きます。
たった今まで、ご修行されていらした方々がお帰りになられ、後片付けでお忙しい中、私たちの話を聞いてくださいました。

まずは、幾つか化学物質過敏症の資料を渡し、かいつまんで症状を伝えます。
耐震工事の為、7日から着工するとのこと、同じ敷地内で別室に住むのは不可能でしょう。

そこで、一般在家の方が修行のため滞留する施設の一室を見せてもらうことになったのです。
本来禁煙なのですが、どうも守ることが出来ない方がいらして、室外で喫煙をされていると言われるけれど、やはり残りタバコ臭が感知できます。
そんなにきつくはないけれど、これも個人差があるので、本人が判断するしかないでしょう。

共有部分のトイレ、風呂、台所などはごく一般のものが置かれています。
これについては、ご住職が対応してくださるとおっしゃってくれています。

ダメなら、車中泊も考慮しなくてはいけません。
色々問題点があるものの現状打開するのに、何を最優先するかで違ってきます。

これらのことを当事者に伝え、今日中に返事をもらうことになっています。
まず一歩です。

PS:山中に一軒のログハウス宿泊棟とバーベキュー、テントサイトなどがありました。
ここも、立ち寄り見学してきました。
トイレ、風呂、キッチンが共有で、自炊です。

普通の施設なので、トイレ、風呂は芳香剤などがあります。
患者が避難するのには苦しい環境です。
宿泊料金も、働けない患者にはかなり大きな金額になるので、これも難しいでしょう。
それでも、見学ができ情報が増えたことは収穫でした。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

ままさん

  • Author:ままさん
  • 発症は2000年。きっかけはシックハウス?中枢神経障害に悩まされつつ、欲張らないよう言い聞かせての日記です。
    高知県南国市在住・60代・女性

    ゆるゆると、回復への道を歩いています。
最近のコメント
最近の記事
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリー
バロメーター
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
『スーモ』オリジナルブログパーツ
不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。