スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母の主治医から

2011.09.20.20:16

今日は、風さん桜邸に移動の日です。
コープ自然派さんの宅配も届き、留守の3日分の食事の用意をしていたら、携帯に連絡が入りました。

この携帯電話は、母の施設とゆるゆる仲間のホットラインになっています。
今は、病院の主治医からでした。

ここ最近、母の医療をどうするかについて、色々話し合い家族の同意のもとに、あるがままに全てを受け入れることにしたのです。
つまり、最先端の医療による延命処置は受けないということです。
昨年11月より、介護施設から病棟に移ってからは、ずっと寝たきりで、だんだん体も動かなくなっていました。
http://mamasanndesu.blog5.fc2.com/blog-entry-1061.html

今日の連絡は、肺炎を起こし、喘息も伴っていてここ何日間で体力が落ちています。
悪い状況になっていますので、お知らせをします・・・談
そうですか。ありがとうございます。

そう言って電話を切ったものの、ぼ~っとしてどうしてよいのか・・・

夫と次男が仕事ではなく、私が自宅に居るという3人が揃うことはなかなかなくて。
でも、今日から治療に行く予定だった・・・
・・・会いに行くのに何も理由はいらないのに、台所を片付けたり、何だかんだと時間が過ぎていくのです。
やっと、今週の治療は中止し、自宅にいる事に決めて行動することにしました。

また、今日は、風さんはお父様の病院に洗濯物を取りに行くためにお母様を送迎することになっていたり、norikoさんはお世話になった親族のお葬儀に参列するために私宅に立ち寄ってくれていて、身辺が何だかザワザワとしています。

介護は、発症者でない方でも多くの問題がありますが、CS患者は家族介護をすると言う事は本当に言葉で語りつくせないような困難がつきまとうのです。

自分自身の問題、介護施設や医療現場とのコミュニケーション、ひとつひとつ、何度も何度も同じことを繰り返し伝え続ける継続的な努力が必要となりました。
勿論行政にも、申請やお願いも必要です。
思考力低下によるのも、これらのことが難度を増加させていく一因で、スムーズに伝えられません。

耳で聞いて、一度時間をおいてから、やっと事態が理解できる、まるでスローモーションです。
緊急事態に対応するには、この脳細胞をフル回転しても、ちょっと間が空いたり、何度か繰り返しお聞きするのは仕方がありません(苦痛)

こんなことを続けて11年が経過、母の人生の全てを覚悟を持って受け止める日が近づいています。
どう表現して良いのかわかりません。

シッカリしなくては・・・
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

ままさん

  • Author:ままさん
  • 発症は2000年。きっかけはシックハウス?中枢神経障害に悩まされつつ、欲張らないよう言い聞かせての日記です。
    高知県南国市在住・60代・女性

    ゆるゆると、回復への道を歩いています。
最近のコメント
最近の記事
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリー
バロメーター
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
『スーモ』オリジナルブログパーツ
不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。