スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久ぶりの更新・事前通知開始

2016.04.03.17:29

ブログに入れず、長らくそのままになってましたが、やっと更新できそうです。

2016.4.7
洗濯物を干していると、近隣の稲作農家から電話連絡がはいりました。

<田植えを始めます。
明日、エリジャンジャンボhttps://www.syngenta.co.jp/media_releases/news_030303.htmlと言う除草剤を使います。
明後日は、新エムコート777 http://www.jcam-agri.co.jp/info/wet-rice.htmlをいれます。
よろしくお願いします。>

既に田植えは始まっているようです。
早場米の植え付けなのでしょうね。
近隣は、まだ来週あたりかも・・・
今年も農薬散布シーズン開始です。

色々変化があって心身ともに落ち着かず、不調のまま突入しそうですが、へこんでいる場合ではないです。

やらなくてならない事が、家じゅう何もかもてんこ盛り。
もたもたしていては、終わりません(笑)
優先順位からです。

寒暖差が大きくて、片づけのチャンスを逃してしまいました。
気を引き締め、冬物も仕舞いこまなくては・・・

*~*~*~*~*~*~*
☆庭の様子→クローバーの花、レンギョウ、紫蘭、こでまりももうすぐ・・・
☆畑→小松菜の菜花、苺の花、色々賑やかな春です♪

里山は、山桜で薄ももいろ♪
自宅から見える景色は、歴史民俗館、県立大学医学部の駐車場付近のソメイヨシノも競って咲いています♪
あいにくの雨で、少し散りそうですが、まだまだ楽しめるようですね。


スポンサーサイト

今年も事前通知

2015.06.24.12:46

6月23日
鍼灸治療が終わりホッとしていると電話が・・・

「明日、田んぼに消毒をします。
アミスターエイト・スタークル乳剤です。」
お知らせありがとうございます。
だいたい何時頃になるでしょうか?
「そんなこと言われても一杯あるからわからん。」
せめて、午前中とか午後とか・・・
「わからん」

この方は毎年同じ文言です(苦笑)
仕方ないから、電話してるんだから・・・って、裏から聞こえてくるようです。
それでも良いのです。

急いでやり終えないといけない家事があります。
昨夜は、洗濯物を済ませ脱水を重ね、軒下に干し、ハンガーや履物などの汚染を防ぐため、ストッカーに収納。

早朝、空気の入れ替え換気。
半乾きの洗濯物を、風呂乾燥室に入れタイマーで乾燥。
さてこれからスパートです。
窓も閉め、24時間換気と換気扇を止めるため、火を使う家事は済ませなくてはなりません。

家族のために麦茶を沸かして、冷ましたら冷蔵庫。
まだまだあるけど、珈琲をたててサラダとパン、プロティン、ミネラルなどで朝食。
ゆっくりする間もなく、手作りこんにゃくのキンピラ、べんり菜のおひたし、ゴボウの味噌汁などなど、連動して換気扇が動くので夕食の準備もしなくては。

ちょっと一息したらもう昼食・・・

家じゅうの戸締り確認を済ませ、扇風機を回しながら、ブログに記録を残しています。

ここまでにします。
もう動けません。
疲れました~~。


■農薬散布事前通知と散布が続々

2014.07.13.14:44

事前通知が続々!!
7月6日、自宅西側の畑、メールで通知。
台風を挟んで、11日夕方6時半。
玄関チャイムが鳴りました。
「急なことですみません。今から散布をします。準備が済むまで待ちますから。・・・」
夕食順備中に突然の訪問と通知に驚きましたが、対応が最優先です。
散布場所は、直近で200mの田んぼです。

1F2Fとも全ての窓を閉鎖、24時間換気扇、換気扇を停止、外にある洗濯用ハンガーや履物なども室内に取り入れ。
準備中に病院から帰宅した家族のために、荷物の取り込みが済むまで待ってくれているようです。

台風後の蒸し暑い夜に換気無しでいるのはとても苦しい!
エアコンをドライモードにし、扇風機で風を回しながら暮らします。
問題は、シャワーを使った後の風呂場を換気できないこと、直ぐにカビが発生するのです。
モップや雑巾で水分をとる、送風モードで3時間。
換気扇のように、上手く水蒸気と熱を排出できないのは致し方ないけど、これも長期戦ですからね。

12日土曜日、固定電話に13時からと直近150m南の田んぼ、メール通知をくれる畑と連続、そして夕方もう一つ畑を散布と連絡、散布です。
もうどうしようもない空気環境です。
それでも、シェルターは自宅ですから、最大限工夫を凝らしここで暮らすしかないのです。

昨夜土砂降りの雨が降ったと夫が言います。
また、散布でしょうかねぇ。

稲は穂が出てきました。
何もなければ、もう1カ月で散布時期も終わり刈り取りを迎えるのでしょうが、今年は日照不足と気温も低いので、生育にバラツキがあり、更に散布時期もバラツキがあるのでしょう。

どうぞカビだらけになりませんように。
室温が35度以上になりませんように(祈り)


■農薬散布事前通知

2014.07.04.19:34

柿の木や樹木に散布、200mぐらい離れた家です。
玄関チャイムがなって「4時ごろに消毒するき」と伝えにきました。
耳の遠い方なので、こちらの話は聞こえません。
それでも、事前通知に来てくれるようになりました。

また携帯に連絡がはいりました。
「明日晴れたら消毒します。天気が悪かったら、来週の晴れた日になります。」
「薬剤はアミスターエイト ・ スタークル乳剤いつもありがとうございます。
すみません午前中か午後か、わかったらありがたいのですが・・・
「そんなこと、どっさり(たくさん)田があるき、いちいち言われても・・・」プツンと電話が切られました。
知らせてくれるのは助かりますが、何だか気持ちが重くなります(ーー);

まだ、これからです。
田んぼの数×2回、除草剤、あちらこちらでゲリラ的に散布があります。

タチオンの回数を増やします。
出来る限りデトックスに努めるしかありません。
今月末までの我慢でしょう。

■農薬散布シーズンスタート

2014.06.24.10:34

昨日事前通知電話が、携帯と固定電話に2通はいりました。

携帯には、自宅から200mほど南側にある田んぼの農家さんから、明日明後日雨が降らないうちに除草剤散布をします。
時間は未定、薬剤名ハサグランhttps://www.kumiai-chem.co.jp/products/document/basagran_g.htmlです。

固定電話を利用するのは高齢農家さん。(長い電話番号が覚えられないとか。登録モードなどがないようで)
しかしFAXと留守電に設定してあるので、コミュニケーション不足です。

今朝玄関チャイムが鳴って出てみたら、この農家さんでした。
ちょっと約束の時間より早いけど、今から散布してもえいろうか?って。
準備も整っていたので了承しました。

コープ自然派配送日に当たるけど、致し方ありません。
急ぎ玄関に収納することにしましょう。

事前通知のお願いをし続けて15年、何とかお知らせをもらえるようにはなりましたが、高齢化と農作業代行などで情報がもらえなくなる場合も考えられるので、気が抜けない事も多々あるのは今後の課題です。

地域ぐるみで情報発信してくれる方法を考えてみなくては・・・・・

PS:炊飯は済ませたし・・・お茶はあるし・・・
しまった!!夕食の準備を忘れてた~
1年ぶりのシュミレーション。手抜かり色々・・・
まぁ仕方ない、何とかするわよ。
生きていますからね(笑)

この猛暑での散布時対応は?

2013.07.18.14:45

35度を超えた昨夕5時、今朝9時と連続農薬散布が続きます。

散布される田んぼは、自宅周辺で全部で8枚になります。
かなりの農薬濃度になるでしょうし、この暑さではどこかに出かける勇気もありません。
引きこもりするしかありません。
覚悟してみましょう。

片づけや、読まなくてはと思ってる本も・・・
することはいっぱいあります。

しかしエアコンを24時間つけっぱなしでしょう。
換気扇可動せずで、高温注意報もでているのにサウナ状態というのは、考えただけでもゾッとするのですが、2~3日耐えるしかありません。

歯科治療後の不調を抱えての外出は危ないし、出先での暴露もあるでしょうし・・・
そう考えると、引きこもりが良いのではと・・・

散布する農家さんにも、色々事情があるでしょうが、CS患者と同じ生活体験をしてもらいたいと考えてしまいます。

我が家は、暑いからとエアコンをつけているわけではありません。
この農薬散布時期の電気代には、ヒメイがあがります!

酸素不足にも苦しめられます。
急いで行動することを控え酸素消費量を出来るだけ軽減、調理も同じことでコンロ使用は禁止で、レンジもしくは加熱処理不要の食事をするしかありません。

だから事前通知は、時間的余裕がなくてはいけないのです。
3食とお茶などを用意し、冷凍or冷蔵保存をして備える必要があるでしょう。

お百姓さんは、私が食事の用意もできなくなるなんて考えたことはないでしょうからね。

もっと交流ができたら、どうして事前通知が必要なのか少しは理解してもらえるのではと思ってしまう私です。

玄関チャイムがなりました。
インターホーンから、「今から消毒します」と声が聞こえます。

毒ガスの中の家です。

ドキドキします!!

複雑な事前通知です(--)


農薬散布事前通知も色々です

2013.07.18.09:58

歯科治療後、帰宅したら、一件留守電に近隣農家さんの農薬散布事前通知が入ってました。

この方は、本当に前もって時間の猶予を取ってくれます。
本当に申し訳ありません。ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いしますと丁寧なメッセージです。

そこで、洗濯物や外出など、なにより孫たちにも注意しておかなくてはなりません。
することが沢山あって、歯科治療後の休養にはなりませんが、そんなこと言ってられず淡々とこなすだけです。

昨夜はやはり抜歯の影響も少しあって、眠れぬ夜になりましたが、大きなアクシデントもなく、上首尾だと思いますね。


さて開けて今朝9時前に入った電話は、今から撒くので洗濯物を取り込んでくださいと言うのです。
それは事前通知ではありません。

そこで、夕方5時から散布される方は昨日から連絡を入れてくれます。
なのでシーツや布団も洗濯してしまいました。

急なことには対応ができませんので、どうぞ時間変更をお願いしますと言うと、再度連絡が入り、もう一人の農家さんと話し合って、明日露が取れたら撒きますと言うのです。

露が取れたら・・・何時ごろでしょう?
まさか登校時間ではないでしょうね。

・・・・それなら9時過ぎたら撒きますから・・・

と言うことは、私が言わなければ、登校時間帯に散布する予定だったようです。



配慮の無い、かたちばかりの事前通知に思えてなりません。

再度、事前通知の周知徹底に行政にも協力要請をしてもらえるよう今から案を練り直さなくてはいけません。

農薬による健康被害を受けている者が、こんなにも身を潜め、遠慮しながら生きていかなくてはならないなんて、とても理不尽です。

きちんと話し合って、しかるべき協力体制を整備しなくてはいけない時期にきましたね。

CSは、社会弱者でもなく、障害者でもなく、どんな存在に見えているのでしょう。

自分の立ち位置を、キチンと発信できる人になりたいものです。

水稲防除・農薬散布第1号

2013.07.01.09:59

6月29日、自宅から100mほど離れた坂の上にある田んぼが散布をしました。

オーガニックから帰宅すると、夫が農薬散布の知らせが入ってきたと言います。
まぁ、夫が自宅にいたから良かったものの、事前通知の意味を成さないところでした。

今回、最も危機を感じたのは、幼い孫たち3人です。
しかも、やっと雨があがり、換気をするために開け放った窓から、大量の農薬が入り込んだらと思うとぞっとしました(冷汗)

私も鍼灸治療日なので、孫たちには農薬が撒かれるから絶対戸を開けないようにと言い聞かせ、仕事で留守をしているコトコト夫婦にTEL連絡で事情説明をすませ、夫にもくれぐれも換気扇を回さないでくれるようにと頼んで脱出。


農家の方は通知すれば良いと思っているようです。
今後の事前通知のあり方を再考する必要がでてきました。

・・・・・・☆
★南国市広報7月号には、農薬による事故を防ぎましょうとあります。

農薬を使用する方
農薬の購入・保管・使用を適正に行い事故防止に努めててください。
無人ヘリコプターを使った水稲防除では、環境に十分配慮し、周辺住民への周知を徹底してください。
周辺住民の方
安全確保のため、農薬の散布中は散布区域内に立ち入らないでください。
また自宅周辺の場合は、念のため窓を閉め、洗濯物を外に出さないなど、ご協力をお願いします。

*お問い合わせは農林水産課農林水産振興係り(088-880-6559)までとなっています。

・・・・・☆
この文章のどこにも、事前通知にかんする事項は書かれていませんし、健康被害を防ぐ観点からも何も書かれていません。

そこで、問い合わせをしてみました。
お答えくださった課長さんは、丁重な対応でしたが、健康被害者がいること、周知方法などご存じなくて残念ながら解決策はありませんでした。

これから何が出来るか考えてみますと言ってくださいましたので、今後に期待したいと思います。

農薬散布・・・使用薬剤と時期

2013.06.18.21:11

今年もとうとう農薬散布シーズンになりました。
毎年この時期にどんどん症状が悪化するCS患者がいます。

街路樹や、田畑への散布で空気汚染がすすみ、頻繁に散布することにより、濃度がますます上がるのです。
それは、毒ガスが充満しているのと同じぐらいの状況になり、呼吸も浅く酸欠になるほどの状態に陥るものですから、高温の中全ての窓や換気扇を閉めた室内で、空気清浄機、携帯酸素ボンベ、エアコン、扇風機等で引きこもるか、どこかに脱出するかを選択します。

運転出来る体調であればそれも可能ですが、ほとんど不調で横になることが多く、稲刈り時期までの2カ月以上苦しい日々をただ耐えることしかありません。


私の住む地域では、在住する近隣の農家さんに協力依頼をしてきましたが、残念なことに3人の方しか事前通知をいただけず、その他の方々は未だ協力が得られていません。

そのため、散布に気付くのが遅く、せっかく洗った洗濯物も全て洗浄し直しになるのですが、農薬汚染された衣類は洗っても着られない場合もあり、ほとんど徒労に帰すことしばしばで、室内が汚染された場合はもっと悲惨で一睡もできず苦しむこともあります。

以前は、救急搬送もたびたびで、高熱や呼吸困難をおこしたこともありました。
スミチオン散布による急性中毒症状です。
現在はスミチオンは禁止になり、替ってネオニコチノイドが主流。
もっと症状は大きく悪化してきました。

CS患者は何処で生きて行けばいいのでしょうか。


先日、個人的にJAに申し入れをし、JA指導課から稲作農家に配布している資料を送ってもらいました。
それが、これです。

連続ー水稲農薬散布事前通知

2011.07.23.17:26

昨日帰宅早々自宅電話が鳴ってます。
農薬散布事前通知です。

7月23日(土)さっき、薬剤の確認で袋を持参し見せてくれました。
殺虫剤・ホクコー「スタークル粉剤」と言うネーミングで、ジノテフラン粉剤が薬剤名。
スミチオンに変わる物として登場した粉剤。
早速検索してみたら、やはりネオニコチノイド系ですね。
……………★
新しく普及に移す農業技術部門病害虫区分実証
36 斑点米カメムシ類防除にジノテフラン粉剤(アルバリン粉剤DL・スタークル粉
剤DL)が有効である
要約斑点米カメムシ類防除にジノテフラン粉剤(アルバリン粉剤DL・スタークル粉剤D
L)を10a当たり3kg散布する。本剤は、アドマイヤー等と同じネオニコチノイド
系殺虫剤である。
担当試験場・部名農事試験場病害虫土壌肥料部
………………★
17時丁度スタートです。

話しをしている側で、通知無しのオジサンが噴霧機でやってます。
この方にどんなに話しても、役所の方が訪問してお願いしてくれても聞き入れてもらえません。
散布しない時がないほど、噴霧します。
この方が農業をお辞めになる日まで、お手上げ状態ですね(涙)

その対応でドタバタしていたら、もう一件訪問者が・・・
電話で確認し直したら、先日散布した田圃の農家さんです。
明日朝9時から、10分ほどで終わります。これで今年は最後なので、すみませんね。
とおっしゃって薬剤名も知らせてくれました。
こちらは、ラブサイド・バリダシン・ダークルの3種混合、殺菌剤のようですね。

兎に角、一斉に濃厚な農薬空気汚染が襲って来ました。

後1回ほど未だの農家さんがいるので、近くはそこが終われば後は収穫まで落ち着くかしら?

はぁ~週末は恐ろしや~~ …>_<…

何処にも出かけず籠もるか、避難するか?
どこもかしこも農薬散布時期だから、避難しようもないかぁ。
う~~ん(涙)

今年最大のピンチだよ。
プロフィール

ままさん

  • Author:ままさん
  • 発症は2000年。きっかけはシックハウス?中枢神経障害に悩まされつつ、欲張らないよう言い聞かせての日記です。
    高知県南国市在住・60代・女性

    ゆるゆると、回復への道を歩いています。
最近のコメント
最近の記事
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリー
バロメーター
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
『スーモ』オリジナルブログパーツ
不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。