スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

27(日) 林先生が驚く初耳学で「電磁波過敏症」

2015.09.26.15:07

林先生が驚く初耳学

化学物質過敏症患者さんからの情報です。
どんな内容かはわかりませんが・・・

http://nagsan.blog105.fc2.com/blog-entry-650.html

私も録画セットしました。
いったいどうなんでしょうね(笑)



スポンサーサイト

国立病院機構 盛岡病院☆ 全国初!グリーンライトアップ

2015.05.19.16:02

独立行政法人国立病院機構 盛岡病院

全国初!グリーンライトアップ

投稿者 : webadmin 投稿日時: 2015.05.18 (102 ヒット)


化学物質過敏症の世界規模の啓発シンボルカラーのグリーンライトアップを、ナイチンゲール週間に併せて行いました。

化学物質過敏症は、たばこ、香料、農薬や除草剤散布、有機溶剤などの曝露により発症する可能性があり、重症化すると仕事や日常生活にも支障が出てくる疾患です。
日本では、少なくとも70万から100万人程度の患者がいると推定されていますが、認知度が低く、また、国としての対策も未だ十分ではありません。
化学物質過敏症の患者にやさしい環境は、全ての人々にとって良い環境であることが十分周知されていないため、化学物質過敏症の啓発を図る目的で行いました。

http://www.moriokahosp.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=188

・・・・・・☆☆
今回のライトアップは、とても心強いメッセージを発信することが出来たと思います。
私たちが待っていた<可視化>です。
来年は、全国各地でライトアップに参加してくださるようお願いしてみたいものです V(*^^*)V

■ エコチル調査 シンポジウム開催!

2014.12.30.16:51

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
       エコチル調査メールマガジン 2014.12.26 号外
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

~10万組の親子から見えはじめた子どもの健康環境~
     第4回 子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)
              シンポジウム開催!
            
             【参加者募集中】


☆~*~☆~*~☆~*~☆~*~☆~*~☆~*~☆~*~☆~*~☆~*~☆~*~☆
       

 第4回目となる今回のシンポジウムでは、エコチル調査の結果から見えはじめた、
 アレルギーなどの子どもたちの健康状態や、子どもたちの成長発達に影響を与える
 可能性のある親の生活習慣について、専門家がわかりやすくお話しします。
 さらに、今回の特別講演では、尾木ママこと教育評論家の尾木直樹氏が登場! 
 エコチル調査の結果をもとに子育てについてお話をいただきます。

 <プログラム>
 --------------------------------------------------------------------
 ■エコチル調査のいま「なんで10万組の親子なの?」
   川本 俊弘 氏(エコチル調査コアセンター長)

 ■10万組の親子から考えるアレルギーについて
  「ちがうかもしれない!?これまでの常識」
   大矢 幸弘 氏(エコチル調査メディカルサポートセンター特任部長)

 ■10万組の親子から考える子どもをとりまく環境について
  「子どもといっしょにケータイ何時間?」
   山縣 然太朗 氏(エコチル調査甲信ユニットセンター長)

 <特別講演>
 ■10万組の親子から考える子育てについて「尾木ママが語ります!」
   尾木 直樹 氏(法政大学教職課程センター長・教授/教育評論家)
 --------------------------------------------------------------------

    日 時: 平成27年1月25日(日)14:00~16:10(開場13:30)
    場 所: 日本科学未来館 7階 未来館ホール
        (東京都江東区青海2-3-6)
         http://www.miraikan.jst.go.jp/
    主催 : 環境省
    参加費: 無料
    定員 : 250名
        ※無料託児サービス(定員30名)あり
  応募締切:平成27年1月13日(火)
お申込: 以下URLをご参照ください。
       
☆~*~☆~*~☆~*~☆~*~☆~*~☆~*~☆~*~☆~*~☆~*~☆~*~☆


 ・エコチル調査ホームページ
   ⇒ http://www.env.go.jp/chemi/ceh/index.html

■3月5日提出閉め切り・パブリックコメ

2014.02.14.14:58

瀬戸風通信さんから拡散希望が届いています
http://mixhanabi.blog106.fc2.com/

いのち環境ネットワーク
パブリックコメント
「携帯電話の基地局整備の在り方に関する研究会」報告書(案)に対する意見募集

締め切りが3月5日
急ぎ、拡散、パブリックコメント提出お願いします


■3・3〆切り・・・電磁波過敏症アンケート協力者募集

2014.02.11.09:56

電磁波過敏症アンケート協力者募集

いのち環境ネットワーク(旧:VOC-電磁波対策研究会)

調査募集ダウンロード

電磁過敏症を発症しておられる方への問診票ご記入の依頼

一部抜粋し転載します

この度は、すでに電磁過敏症の症状を発現しておられる方に問診票のご記入をお願いしております。
ご回答していただける方は2 月20 日にまでに下記のメールに送付先をご連絡下さい。
返信用封筒を同封して問診票を送りますので、3 月3 日までにご投函下さい。


一人でも多くの方に調査に協力していただければ幸いです。
なお、頂いた情報は、調査の目的以外に利用することはありません。返信用封筒は無記名
で投函していただきますので、個人が特定されることはありません。また、データ管理担
当者は鍵つきのロッカーで調査票を管理します。

早稲田大学応用脳科学研究所“生活環境と健康調査研究会”
北條 祥子(早稲田大学応用脳科学研究所招聘研究員、尚絅学院大名誉
教授)
水城 まさみ((独)国立病院機構盛岡病院・副院長)
小倉 英郎((独)国立病院機構高知病院・副院長)
連絡先メール: waseda-seikatukankyou@fmail.plala.or.jp

転載終了
・・・・・☆
社会に認知されるよう、より多くの情報を提供し調査協力したいと思います。
時間が少ないので、期日をお忘れないよう。


■環境省・パブリックコメント募集「住宅地等における農薬使用について」

2013.01.03.10:02

■環境省 報道発表資料

☆平成25年1月21日(月)までパブリックコメントを実施します

「住宅地等における農薬使用について」

平成24年12月21日

「住宅地等における農薬使用について」に示す指導内容(案)に対する意見の募集について(お知らせ)
 環境省及び農林水産省は、「住宅地等における農薬使用について」(平成19年1月31日付け18消安第11607号・環水大土発第070131001号農林水産省消費・安全局長、環境省水・大気環境局長連名通知)を改正することとし、改正案を作成しました。
 この度、本案について、広く国民の皆様からの御意見を募集するため、平成24年12月21日(金)から平成25年1月21日(月)までパブリックコメントを実施いたします。

1.改正概要
 環境省及び農林水産省は、住宅地等における農薬使用の適正化を図り、農薬の飛散を原因とする住民、子ども等の健康被害を未然に防止するため、「住宅地等における農薬使用について」(平成19年1月31日付け18消安第11607号・環水大土第070131001号農林水産省消費・安全局長、環境省水・大気環境局長連名通知)に基づき農薬使用者等に対する指導を行ってきました。
 今般、住宅地等における農薬使用の適正化に関して都道府県等に対する指導を一層強化するため、新たな通知を定めることとしました。通知の発出に先立ち、通知に示す指導内容等に関して、広く国民の皆様からの意見・情報を募集いたします。今後、本案については、提出いただいた意見を考慮した上、決定することとしております。

2.意見募集の対象
 「住宅地等における農薬使用について」に示す指導内容(案)

【添付資料】
 「住宅地等における農薬使用について」(農林水産省消費・安全局長、環境省水・大気環境局長連名通知)

3.意見募集要領
(1) 意見募集期間
平成24年12月21日(金)から平成25年1月21日(月)17:00まで
(※郵送の場合は同日必着)
(2)意見提出方法
 次の様式により、電子メール、郵送又はファックスのいずれかの方法で
(3)の提出先へ提出してください。
 この意見募集は、農林水産省においても同時に実施されております。
 いただいた御意見は両省で考慮されることとなりますので、同じ御意見を両省に提出いただく必要はありませ  ん。
 なお、電話での意見提出はお受けいたしかねますので、あらかじめ御了承ください。

(注意事項)

御提出いただきました御意見については、住所、氏名、電話番号、ファックス番号及び電子メールアドレスを除き、すべて公開される可能性があることをあらかじめ御了承願います。
皆様から頂いた御意見に対し、個別にお答えすることはできませんので、その旨御了承願います。
御意見の対象となる改正案の該当個所を明記してください。締切日までに到着しなかった場合や御記入漏れ、本要領に即して記入されていない場合には、御意見を無効扱いとさせていただくことがあります。
御意見中に、個人に関する情報であって特定の個人が識別しうる記述がある場合又は法人等の権利等を害するおそれがあると判断される場合には、公表の際に当該箇所を伏せさせていただくこともあります。

〈意見提出様式〉

宛先:環境省水・大気環境局土壌環境課農薬環境管理室
件名:「住宅地等における農薬使用について」に示す指導内容(案)に対する意見 住所:氏名(企業・団体の場合   は、会社名/部署名/担当者名):
職業:電話番号:FAX番号:電子メールアドレス:
意見: <該当箇所>  頁  行目 <意見内容>

※電子メールにて提出される際は、本様式に準じてメール本文に記載の上、送付してください(添付ファイルによる御意見の提出は御遠慮願います。)。
(3)意見提出先
環境省水・大気環境局土壌環境課農薬環境管理室 あて

〔1〕電子メールの場合 mizu-noyaku@env.go.jp
〔2〕ファックスの場合 03-3501-2717
〔3〕郵送の場合 〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2
  ※郵送の場合は封筒の表面に、ファックス又は電子メールの場合は件名に、「『住宅地等における農薬使用に  ついて』に示す指導内容(案)に関する意見」と記載してください。

4.資料の入手方法
 (1)環境省水・大気環境局土壌環境課農薬環境管理室において配布
 場所:東京都千代田区霞が関1-2-2 中央合同庁舎5号館23階
 環境省水・大気環境局土壌環境課農薬環境管理室
(2)インターネットによる閲覧
 環境省ホームページ  http://www.env.go.jp/info/iken.html
 電子政府の総合窓口[e-Gov] http://www.e-gov.go.jp/index.html
(3)郵送による送付
 郵送による送付を希望される方は、140円切手を貼付し、宛先に送付先の郵便番号、住所及び氏名を明記した返 信用封筒(A4版の冊子が折らずに入るサイズのもの)を同封の上、「『住宅地等における農薬使用について』 に示す指導内容(案)に関する意見募集関係資料希望」と封筒表面に明記し、上記「3.(3)意見提出先」の郵 送の場合の宛先まで送付してください。
 切手が貼付された返信用封筒が同封されていない場合は受け付けかねますので、あらかじめ御了承願います。

5.問い合わせ先
環境省水・大気環境局土壌環境課農薬環境管理室 担当:伊澤、黒岩

〒100-8975東京都千代田区霞が関1-2-2
TEL:03-3581-3351(内線6599)
FAX:03-3501-2717
電子メール:mizu-noyaku@env.go.jp

・・・・・☆
二つ目のパブリックコメント募集です。
締め切りは1月21日(月)
環境省、「住宅地等における農薬使用について」

日常苦しむ農薬散布についての募集です。
まだ考えがまとまりませんが、良く考えて提出したいと思っています。

■厚生労働省・バブリックコメント募集締め切り1月12日

2013.01.02.15:46

知人からのメールの転送をします。

よろしければ、拡散をお願いします。
――――――



お世話になっております。

4月より、障害者総合福祉法が施行されます。
障害福祉サービスが、身体、精神、

療育に加え難病が対象になります。
難病医療費対象も増えます。

今この対象に化学物質過敏症は入っておりませんが、パブリックコメントを厚労相は募集しております。

下記アドレスから、難病手帳発行対象に化学物質過敏症を含めるように意見をお願い申し上げます。
化学物質過敏症は、『障害年金』については対象です。
しかし難病指定に入っておらず対象外です。

化学物質過敏症の難病指定も含め、現制度の不備をこの機会に変えていただくチャンスです。


何卒よろしくお願いいたします。

厚生労働省・社会福祉 /心身障害者福祉

1月12日が締め切りです。

・・・・・☆
私たち化学物質過敏症の声をあげるチャンスです。
パブリックコメントは郵送もできますが、パソコンをお持ちでない方、または携帯も使えない方もいらっしゃるでしょう。

どなたかにお手伝いいただいて、ダウンロードして記入してください。

声をとどけませんか?
プロフィール

ままさん

  • Author:ままさん
  • 発症は2000年。きっかけはシックハウス?中枢神経障害に悩まされつつ、欲張らないよう言い聞かせての日記です。
    高知県南国市在住・60代・女性

    ゆるゆると、回復への道を歩いています。
最近のコメント
最近の記事
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリー
バロメーター
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
『スーモ』オリジナルブログパーツ
不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。